橋本環奈、『劇場版 ルパンの娘』で「京言葉をしゃべります」

10月15日(金)に全国公開する『劇場版 ルパンの娘』から、橋本環奈の場面写真とコメントが到着した。




代々泥棒一家である“Lの一族”の娘・三雲華(深田恭子)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)の禁断の恋を描いた『ルパンの娘』。2015年8月に発売され、各書店の文庫売上1位を獲得しロングセラーとなっている横関大の同名小説を原作に、2019年7月よりフジテレビ系列にてドラマ1作目の放送がスタート。真剣に全力でふざけるキャストの好演や、泥棒スーツを身にまとった激しいアクションと独特なポージング、そしてミュージカル演出が話題を呼び、放送期間中には毎回関連ワードがTwitterの世界トレンド入りするほど人気を博した。


そんな人気の後押しもあり、翌2020年にはドラマ2作目が放送。泥棒一家と警察一家に加え、新たに代々名探偵一家である北条家の娘・北条美雲(橋本環奈)が登場し、前作にも増した振り切った演出や大胆なパロディに進化を遂げた。シリーズを通じて、視聴者からの突っ込みがSNS上で飛び交い、中毒者が続出するなど話題に事欠かなかった『ルパンの娘』待望の続編にして、最終章となる『劇場版 ルパンの娘』が10月15日(金)に全国公開する。


先日行われた完成披露試写会では、豪華キャストが登壇し映画の完成を報告。公式TikTokで、超高難度の泥棒ダンスを披露た動画が100万回再生を超えるなど、バズり中の円城寺役・大貫勇輔が、オープニングアクトでダンスを披露するなど、大盛り上がりのイベントとなった。さらに、現在Twitterでは、全国各地で#Lの一族に盗まれた?ビリケンさんをはじめ様々なものがLの一族に盗まれるなど、目撃情報投稿キャンペーンが開催中。さらに、映画主題歌となるサカナクション待望の新曲『ショック!』が特別映像で解禁され、ますます盛り上がりを見せている。今後の最新情報からも目が離せない。


橋本環奈演じる北条美雲は、京都で代々続く「名探偵一家」の娘。Lの一族が祖父を死に追いやり、北条家を没落させたと思い、正体を突き止めるべく警視庁に入り和馬の部下となるが、次第に華たちが復讐の相手では無かったと知り、もう一人のLの一族の真相を尊と共に協力し追う。


今回解禁となったのは、呆然と立ち尽くす美雲の場面写真。映画の終盤に祖父を死に追いやった人物を目の当たりにするが、意外な真実を目撃し写真のような複雑な表情を浮かべるシーンだ。美雲は一体何を目にしているのか。是非スクリーンで確かめよう。


そして、美雲を演じる橋本環奈は「この格好を見て頂くとわかる通り、美雲はザッツ探偵です。見た目は探偵アニメに出てきそうなステレオタイプの探偵像なのですが、物凄いキャラが濃いです。おじいちゃん子という設定なので、今の京都の若い世代の方とかは使われないような京言葉をしゃべります。探偵業を営んでいたおじいちゃんを尊敬しているので、小さい時から勉強していて、すごく頭の回転が速かったりだとか、真相を解明していくのが早かったりするんですけれど、時々こうちょっと天然なところがあったり、可愛らしい部分も詰まっていて、そこが人間味があって、美雲ちゃんのいいところだなと思いながら演じています。」と魅力を解説している。


ルパンの娘という大胆な世界観に挑戦するにあたり、彼女自身の緻密な役の分析と努力があってこそだ。


■映画『劇場版 ルパンの娘』

10月15日(金)公開

出演:深田恭子 瀬戸康史 橋本環奈 小沢真珠 栗原 類 どんぐり(竹原芳子)
観月ありさ /岡田義徳 太田莉菜/ 藤岡 弘、(特別出演)
市村正親 大貫勇輔 小畑乃々 マルシア 信太昌之 我修院達也 麿 赤兒 渡部篤郎
原作:横関 大『ルパンの娘』シリーズ全5作(講談社文庫ほか)
主題歌:サカナクション『ショック!』
配給:東映


©横関大/講談社 ©2021「劇場版 ルパンの娘」製作委員会

関連リンク

  • 10/8 17:00
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます