常識漢字クイズ!【新嘉坡】社会人なら読めて当たり前?!これな~んだ?

日本人の旅行先として人気の観光地である「新嘉坡」。
あなたは、この漢字読むことができますか。

キレイな街として有名な、あの外国の地名ですよ。

(1)「新嘉坡」の読み方


この場所には、船のような形をした有名なホテルがあります。
昔は噴水のイメージが強く、ゴミなどの景観を損なう行為には対し、厳しい処分があります。

もうおわかりでしょうか。
正解は、「シンガポール」です。

読み方がわかると、なんとなく漢字からも想像ができるでしょう。
(『広辞苑』より)

(2)「新嘉坡」はどんな国?


観光としては有名なものの、国自体はあまり知られていないことも。
ここからは、新嘉坡の国のことについてみていきましょう。

新嘉坡は、マレー半島の最南端にある小さな島です。
新嘉坡の周りにはいくつか島があり、その小さな島を含め共和国として存在。

じつは新嘉坡は昔、イギリスの植民地でもありました。
植民地から独立後はマレーシアの一州でしたが、分離独立し、現在の新嘉坡に。

植民地や分離とは縁もなさそうな国ですが、意外にも悶着がありました。
(『広辞苑』より)

(3)「新嘉坡」の語源


漢字での「新嘉坡」は、中国語の読み方を当てた字になります。
中国語でシンガポールは「シンジャ―ボー」といい、音がそのまま漢字になったのです。

ちなみに、中国では「新加坡」とあらわします。
ここからは、シンガポールの由来をご紹介しましょう。

シンガポールはサンスクリット語「シンガプラ」がもとで、ここから生まれました。
「獅子の都」という意味です。
(『広辞苑』より)

(4)「新嘉坡」にある有名なもの


最後に、新嘉坡にある有名なものをご紹介します。
旅行に行った気分、もしくは行けるようになったときの参考にしてください。

・大きく見えて、意外に小さいマーライオンの噴水。
・新嘉坡の新しいランドマークである、マリーナベイホテル。

・昔は鮮魚市場、現在は人気の屋台村であるラウパサマーケット。
・世界最大級の観覧車である、シンガポールフライヤー。

このほかにも、まだまだオススメのスポットが新嘉坡にはありますよ。
(『広辞苑』より)


小さいながらも有名な観光地が密集する新嘉坡。
新嘉坡の歴史にも少し触れ、違う一面を知れたのではないでしょうか。

また、自由に行き来できる日が来た際には、ぜひ新嘉坡へ。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/7 21:45
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます