友達から「痛い人」認定されがちな“LINEのステータスメッセージ”4つ

LINEのステータスメッセージは、内容次第では痛いヤツだと思われてしまうので注意が必要です。

では、いったいどんなメッセージが痛いと思われてしまうのでしょうか。
そこで、友達から「痛いヤツ」認定されてしまう“LINEのステータスメッセージ”を4つご紹介します。

(1)まるでポエム



ステータスメッセージがまるでポエムのような内容だと、ドン引きする人が多いようです。
とくに、好きな人を思いながら書いたようなポエムは、見ていて恥ずかしいという声も。

書いたときはなんとも思わなくても、後々になって見返すと恥ずかしくなることもあるので注意が必要です。
ポエムをステータスメッセージにするときは、友達に見られることを意識した上で慎重に考えましょう。

(2)ネガティブ



LINEのステータスメッセージにあえてネガティブなことを書く人は、メンヘラだと思われがちです。

内容によってはかまってちゃんだと思われ、痛いヤツ認定されてしまうことも。
友達に見られるメッセージは、ポジティブな内容にすることをオススメします。

(3)匂わせ



ステータスメッセージで恋人がいることを匂わせる人っていますよね。
SNSなどでも、匂わせるようなメッセージは嫌われがち。

痛いと思われないためにも、匂わせだと思われる内容は避けるよう心がけましょう。

(4)ヤンキーっぽい



ヤンキーっぽい言葉をステータスメッセージに設定する人は、周りから痛いと思われます。
「こいつヤンキーだったっけ?」と思われたら、恥ずかしいですよね。

恥をかかないためにも、ヤンキーっぽい印象のメッセージは控えましょう。


友達から痛いと思われたら恥ずかしいですよね。
友達から「痛いヤツ」認定されてしまう“LINEのステータスメッセージ”4つを参考に、痛いメッセージは避けることをオススメします。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/7 20:00
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます