日テレ杉原凜、セーラー服から“Dバスト”飛び出した!個室トイレ着替え映像

拡大画像を見る

 10月5日に放送された「ザ!世界仰天ニュース4時間SP」(日本テレビ系)に出演した同局の杉原凜アナの“熱演”に、男性視聴者が沸きに沸いた。

 この日、同番組でアシスタントを担当する杉原アナは、再現VTRにも登場。“芝居歴0年”との前振りがあったものの、なかなかの好演ぶりを見せたのだ。

「役柄はなんと中学3年の女子学生で、学校に更衣室がなく、体育の授業前に生徒たちがトイレの個室に駆け込み、慌てて着替えをしなければならなかった時代設定。そんな中、杉原アナ演じる主人公が1年生時から着続けるパツパツの制服を無理矢理バンザイ状態で頭から脱いだところ、胸部分ホックが鼻に引っかかり鼻血が出た…というショートストーリーで、杉原アナは24歳になりますが、その際に着ていたセーラー服が妙に似合っていたんです」(女子アナウオッチャー)

 スタジオでVTRを観ていたMCの中居正広も「まだ若いなぁ!」と絶賛しきりだったのだが、加えて男性視聴者を興奮させたのが、個室トイレでの着替えシーンだった。

「教室からトイレに走って向かう時、すでに小さめのセーラー服の胸部分がユサユサと揺れていたのですが、いざ個室に入り『脱げなーい!』と言いながら制服を持ち上げると、推定Dカップのバストのふくらみがバーンと飛び出す格好に。もちろん下には白いTシャツを着た状態だったのですが、バストラインをくっきり浮かび上がらせながらもがく彼女に、ネット上では歓喜の声が上がっていましたね。個室トイレでセーラー服を脱ぐ杉原アナ…それだけでも、完全に“至宝”となった映像と言えるでしょう」(前出・女子アナウオッチャー)

 これを機に、演技のほうもどんどん挑戦してほしいものだ。

関連リンク

  • 10/7 17:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます