千原ジュニア、「トークライブがおもしろくない」!コロナ禍が芸人に与えた大打撃

拡大画像を見る

 タレントの千原ジュニアが、10月4日放送のニュース番組「ABEMA的ニュースショー」(ABEMA)に出演。コロナ禍の影響で「芸人のトークライブが全然面白くない」と語ったことが話題となった。

 番組では、緊急事態宣言とまん延防止措置が、9月30日に全面解除となったことが話題に。双方が全国で解除されたのは約半年ぶりだが、ゲストの須田亜香里は「まだ外に出歩く勇気はあんまりないですね。テレビの街のインタビューとかでは、開放的な気持ちになって『飲みに行きたい』って語っていらっしゃる方も見ますけど。ちょっとまだ出歩く勇気はあまりないです。様子見つつという感じですね」とコメント。

 するとMCのジュニアが「われわれ芸人もまったくやもんな」とゲストのFUJIWARA藤本敏史に語りかけ、藤本は「まったくやな、本当に。だって(店が)閉まってるもんね。仕事終わって行こうと思ってもね。体がもう緊急事態“体”になってない? 緊急事態“脳”っていうのか。どうせ閉まってるやろって体が慣れてもうてるのよね」と同調。

 ジュニアも「『今日終わってどうする?』って久しく言ってないもんね。だから芸人のトークライブが全然おもんない」「ネタがないから。どこかに遊びに行ったらとか、この間後輩と飲んでとかが全然ないから」と説明した。

「藤本も、仕事終わりに外出する機会が減ったことでネタの収集ができないことを嘆き、『ずっと仕事場と家の往復なんですよ。そんなんおもしろいことが起こるわけない』としていましたね。確かに、コントや漫才ではなく、トークを売りにする2人とって緊急事態宣言下の状況は致命的。ジュニアは『ほんまにずっと家にいるから、この間“こんなところにあったんや!”って新しいコンセントを見つけたもん』とスタジオを笑わせていましたが、シャレにならない状況だったのでは」(お笑いライター)

 今後、芸人のトークライブがおもしろさを取り戻していくことを期待したい。

(鈴木十朗)

関連リンク

  • 10/7 17:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます