福田こうへい 10周年記念公演セトリ変更し里村龍一さん追悼唱「恩返しの一曲」

拡大画像を見る

 演歌歌手・福田こうへい(45)が7日、東京・メルパルクホール東京で10周年記念コンサートを開催した。

 デビュー曲「南部蝉しぐれ」や来年1月1日発売予定の新曲「一番マグロの謳」など全31曲を熱唱し、昼夜公演で計1500人のファンを魅了。節目を迎え「親子2代、3代で来てくださる方も、この10年のうちに多くなった。みなさんに早く恩返ししたいという思いでいっぱい」と感謝を口にした。

 作詞家・里村龍一さんが5日に死去したことを受け、セットリストをこの日急きょ変更して、里村さん作詞の「男川」も披露。レコーディングで初対面した時のことを「北の人間同士、あちら北海道で私は岩手なんですけど、ちょっと話をしただけで『おめえ、なまってていいな』って、意気投合したのもありまして」と振り返り「恩返しの一曲として変更しました。里村先生に感謝の気持ちでやりたいなと」と思いを明かした。

関連リンク

  • 10/7 23:44
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます