「亡くなった祖父の夢」を母と同時に見た…リスナーの“不思議体験”に、江原啓之の見解は?

拡大画像を見る

スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り」。10月3日(日)の放送は、リスナーから届いた「ちょっとスピリチュアルなメール」「不思議な夢のメール」を紹介しました。

江原啓之



◆亡くなった祖父が会いにきたのでしょうか…?
最近起こった、ちょっと不思議な話を聞いてください。母と弟が住む実家に泊まりに行ったときの話です。その日は江原さんの著書「天国への手紙」の本を読み、眠りにつきました。その後、明け方にトイレに行きたくなって目が覚め、トイレから戻ってきて二度寝をしようと思ったのですが、なかなか寝つけませんでした。

すると、リビングから「カチャカチャ」と食器がぶつかるような、食事をしているような音が聞こえたのです。母は隣で寝ているし、弟の部屋は閉まっているので、リビングには誰もいないはず。ただ、「怖い」という気持ちはなく、「何だろう?」くらいに思って眠りにつきました。

起きてから母にその話をしたところ「父ちゃんじゃない?」と。私が驚き「なんで?」と聞くと「今日、夢に出てきたから」と。実はその日、私も祖父の夢を見たのです。2人同時に同じ人の夢を見ることってあるんですね。祖父が亡くなって5年以上経ちますが、たまに夢に出てきます。今回のように2人同時に夢を見るのは初めてだったので、「会いに来てくれたのかな?」と勝手に思ってしまいました。江原さんはどう思われますか?

◆江原からの“ことば”
私も会いにきたのだと思います。2人の夢に同時に出てきたんですからね。1人だけが見たというのであれば、ただの夢ということもあるし、「偶然でしょう?」と思う人もいるでしょう。あなたのご家族は、とても仲が良かったのでしょうね。そういう絆・つながりがあるので、同じ夢を同時に見るということで、おじいさんはきっと「今、元気だよ」って伝えたかったんだと思います。心が温まるほのぼのとしたメールですね。これは、おじいさまだと認定します!

◆江原啓之 今宵の格言
「信頼できる絆があると安心につながります」
「どんな素晴らしいメッセージも、それを実践することで感謝につながります


番組では、江原に相談に乗って欲しい悩みや感想、メッセージを募集しています。番組サイトまでお寄せください。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年10月11日(月)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------
<番組概要>
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM 大阪 毎週日曜 22:00~22:25
エフエム山陰 毎週土曜 12:30~12:55
パーソナリティ:江原啓之
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/oto/

関連リンク

  • 10/7 21:10
  • TOKYO FM+

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます