産院に現れた義姉…その悪意に満ちた言動に凍りつく/困った義姉(10)【義父母がシンドイんです! Vol.184】

■前回のあらすじ
予定より早めの入院が決まった菜摘。これ以上ストレスを溜めないように、義姉に産院を知らせないよう根回しをして、ついに出産! 喜びもつかの間、産後は痛みや怒涛のタスクとの戦いが待っていたのでした。
まだまだ術後の傷が痛むものの、休み休み赤ちゃんのお世話に奮闘していた産後2日目。

ちょうど夫がお見舞いにきていたとき、私の入院先を知らないはずの義姉から驚きのメッセージが…!


私はまだ点滴も取れておらずフラフラの状態でしたが、10分だけという約束で会うことにしました。




義姉の口から出た「死んじゃうこともあるでしょ?」という言葉に込められた悪意…。

産後で余裕のない私の心身に、その言葉はグサリと突き刺さり、もはや何も言えなくなってしまいました。

「義姉はわざわざ産院を突き止めてまで、こんな言葉をぶつけにきたのだろうか…だから会いたくなかったのに…!」

そう思うと悔しくて悲しくて、その晩は柄にもなくメソメソと泣き明かしてしまいました。


※この漫画は実話を元に編集しています

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/7 21:00
  • ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます