村上春樹氏 西宮市の母校では同級生2人が発表見守り「残念」

拡大画像を見る

 ノーベル文学賞の発表が7日、スウェーデン・ストックホルムで発表され、日本の作家、村上春樹さん(72)の受賞は今年もならなかった。

 村上さんの母校である兵庫県西宮市立香櫨園小学校には小学校6年時の同級生2人を含め、教職員ら関係者約15人が集まり、用意されたノーベル文学賞発表の中継を見つめた。

 日本語訳がなかったため、受賞を逃したことは徐々に広まった。

 同級生の頭井治男さん(72)と内堀均さん(72)は並んで視聴したが、快挙は逃した。6、7年連続で村上さんとともに学んだ香櫨園小で発表を見守っている頭井さんは「やっぱり残念ですね。2人取ったらええのにね」と肩を落とした。

 6年時の担任で、教え子を熱心に応援していた小谷喜代子先生が2015年に死去。「先生に報告したかったか」と聞かれた内堀さんは、「毎年そうですね」と無念の表情。頭井さんは「また来年。生きてる限りね」と見守り続けることを誓っていた。

 また、同校の平野直文校長(55)は「放送で行った10月の朝会で『大先輩の村上春樹さんがノーベル文学賞の受賞可能性があるから、楽しみに待っておこうね』と児童に伝えていた」と明かした。

関連リンク

  • 10/7 20:48
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます