高嶋ちさ子 子役時代CM撮影のグアムから強制送還「面白くねえのに笑えるか」と悪態

拡大画像を見る

 バイオリニストの高嶋ちさ子が6日放送の日本テレビ「1周回って知らない話」に出演。意外にも子役俳優だったことを明かした。しかし番組では、子役時代も現在の高嶋をほうふつさせる過激なエピソードが飛び出し、スタジオをあ然とさせた。

 高嶋は、親戚にモデル事務所の人がたまたまおり「やらない?」と声をかけられたことをきっかけに芸能界入りした。当時を振り返り、「うちの母が、小銭かせげると思ったらしくて、休みのたびにやたらにオーディションに連れてかれるんですよ」と話した。

 しかし自身は「写真を撮られるのが恥ずかしい」という思いから「いつ、終わんだよ、と思っていた」という高嶋。当時、人気絶頂だった歌手の錦野旦とCM撮影でグアムのゴルフ場に行ったこともあったが、スタッフから「笑って!」と笑顔を求められ「面白くもねぇのに笑えるかよ」と悪態をつき、「帰っていいよ」と強制帰国となったことを明かした。結局、子役は現地調達されたという。

関連リンク

  • 10/7 20:35
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます