AKB48 馬嘉伶、込山榛香&わちみなみら[イベントレポート]映画祭<AkibaScreening2021>制作発表記者会見に登場「いい作品をみなさまへお届けできるよう頑張ります」

<AkibaScreening2021>と<TokyoSakeFesitival2021>が、本日10月7日(木)に秋葉原UDXシアターにて制作発表記者会見を実施した。本記事では、同会見のオフィシャルレポートをお届けする。

映画祭<AkibaScreening2021>は、秋葉原というアイドルやアニメに根強い土地柄を活かした作品やキャスティングで、さまざまなアイドルや声優などが出演する幅広いジャンルの作品を上映する出演者の舞台挨拶付き上映会。12月16日(木)〜19日(日)に秋葉原UDXシアターで開催される。

今回、映画祭<AkibaScreening2021>にて上映する短編映画『サンタクロースをいつまで信じてた?』の主演にAKB48の馬嘉伶、その父親役には森田成一が決定。また、立木文彦が出演することも発表された。

馬嘉は、“とてもいい物語で楽しみです。いい作品をみなさまへお届けできるよう頑張ります”とコメントし、森田は“今回の作品に出演できることを嬉しく思います。娘(馬嘉伶)とともにこれからの撮影頑張っていきたいと思います”と撮影への意気込みを語った。

そのほか、映画『恋愛リアリティーショー』より込山榛香(AKB48)と新納直、映画『ホラーちゃんねる 樹海』よりわちみなみなど多くの出演者が登場。

さらに、映画『ホラーちゃんねる 事故物件』の主演を担当するAKB48の大西桃香、短編映画『酒蔵のむすめ』の主演を務めるSTU48の今村美月と石田みなみからはコメント動画も。短編映画『酒蔵のむすめ』は予告も公開され、メインビジュアルも新たに解禁となった。

続いて、映画祭と同期間で開催される<TokyoSakeFesitival2021>の記者会見では、日本酒業界を盛り上げるべく公式アンバサダーの細川たかしがコメント動画で登場。

ゲーム業界伝説のレジェンド高橋名人や大食いアイドルとして活躍するもえのあずき、日本酒が大好きなオリンピア芸人・猫ひろしらが登壇した。

なお、Akiba.TVにて生放送された同会見の模様は、アーカイブも視聴可能となっている。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/7 20:08
  • Pop’n’Roll

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます