「水ダウ」おぼんこぼん 松本がコンビ語り、浜田同意「そう!急にどうこうじゃないよな」

拡大画像を見る

 6日放送のTBS「水曜日のダウンタウン」で、深刻な不仲状態が続くベテラン漫才コンビ「おぼん・こぼん」を和解させるための大型企画の完結編が放送された。娘、孫、級友、芸人仲間らを動員して和解を迫る2年がかりの企画。

 前回から、ベテラン漫才師2人のVTRを見るダウンタウンの表情も注目された。

 こぼんが「普通に戻ろう」と呼びかけるも、おぼんが引っかかり、2人が「引退」「解散」を口に。決裂状態となったところで、VTRが切れると、松本人志は、もどかしそうに「今の流れは、漫才師は仲良くなかったらあかん、コンビ仲がいいのが、ブームみたいになってるけど、元々そういうもんでもないしね」と訴えた。

 浜田雅功も「そう!急にどうこうじゃないよな」と応じ、「普通でって言ってるやん」と納得いかない様子だった。

 松本は「パフォーマンスができるくらいの関係を保てれば、いいわけだから、お互いそこは分かってくれてると思ってたけど、嘘でしょ?」と語った。

 その後、VTRが再開され、おぼんの娘が「普通じゃダメ?」と迫ると、ワイプの中で浜田が「そうそうそう!」と声をあげる場面も。

 ラストでついに劇的展開を迎えると、浜田は「おおっ!」と声をあげて拍手、松本はほっとしたように微笑んだ。即席漫才に、浜田は一緒に「なんやそれ!」とツッコミを入れて、笑っていた。

関連リンク

  • 10/7 19:50
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます