玉川徹氏 ついに会食の予定も出席者ワクチン接種が条件「機会の不平等」と疑問視される

拡大画像を見る

 テレビ朝日局員の玉川徹氏が7日、レギュラー出演する「羽鳥慎一 モーニングショー」に出演。コロナ禍が始まってから初めて会食の予定を入れたことを明かした。ただ、集まる条件にワクチン接種を入れたことで、コメンテーターの石山アンジュ氏から「機会の不平等では?」と疑問を投げかけられた。

 玉川氏は番組で「ボクはコロナが始まってから会食、一切入れてなかったんですけど、予定、入れました」と話した。これまでも同番組で、徹底した感染予防をしていることを語っていたが、新規感染者数が激減している中で、自ら解禁したことを明かした。

 しかし、「徹底して、今までの知識をフルに動員して、3人、3人ともワクチン接種が終わっている、窓がちゃんと開いて換気ができる個室。ここまで徹底して会食をやります」と厳しい条件をつけたことに胸を張った。

 この内容に対して、社会活動家の石山氏は、「ワクチンを打った?と聞くのは難しい」と疑問視。司会の羽鳥慎一アナも「ビジネスの集まりなら難しい。3人で集まる仲間なら『どうなの?大丈夫?』と聞けるけど」と同調した。

 しかし玉川氏は「むしろ、聞けない相手とは行かないという考え方。ビジネスでもそれ(ワクチン接種)を前提としていいと思う」と譲らず。羽鳥アナは「体の関係で打てない人も…」と話し、石山氏も「そこで陰性証明という話になる。そこがいかに手軽にできるか。『陰性証明?じゃ、行くの止めるか』というのは機会の不平等だなと思う」と納得できない様子だった。

関連リンク

  • 10/7 19:36
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます