藤井聡太三冠「最高の舞台にふさわしい熱戦に」竜王戦10・8開幕

拡大画像を見る

 将棋の藤井聡太三冠(19=王位・叡王・棋聖)が豊島将之竜王(31)に挑む第34期竜王戦七番勝負第1局(8、9日、東京・セルリアンタワー能楽堂)の開幕を控えた7日、都内で前夜祭が行われた。9月13日に叡王を奪取し最年少三冠を達成した藤井三冠は、最年少四冠をかけて将棋界最高峰のタイトルに挑む。

 豊島竜王とは今期王位戦、叡王戦に続きタイトル戦3連続での顔合わせで、いずれも防衛&奪取を達成。強敵について「序中盤の差し手の精度が高くて差を付けられる展開が多かった」と改めて分析。「竜王戦は最高峰のタイトル戦ですので、最高の舞台にふさわしい熱戦にするために全力をつくして頑張りたい」と闘志を燃やした。

関連リンク

  • 10/7 18:33
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます