水野美紀 脚本&演出&出演“三刀流”舞台に四苦八苦「ずっと鼻血が出そう」

拡大画像を見る

 女優・水野美紀(47)が7日、東京・新国立劇場小劇場で、脚本・演出・出演の3役をこなす舞台「2つの『ヒ』キゲキ」の初日を迎え、剛力彩芽(29)、和田雅成(30)、脚本家・矢島弘一氏(46)らと会見した。矢島氏と2人で、それぞれ同じキャストで別の物語を手掛ける2部構成で、水野はとある舞台公演の千秋楽を描く2幕「テクタイト」を担当。制作側と出演者の両立に、「ずっと鼻血が出そうで、ハゲそうなんです。演じる時と演出では使ってる脳が違って、切り替えようとしてもセリフが出てこなかったり」と苦悩を漏らした。

 初共演となる剛力は、「美紀さんの頭の中をのぞきたい。演出もお芝居も何でそんなに生まれてくるのか不思議」と“三刀流”をリスペクト。1幕「パンティーアナキズム」では女子高生役を演じるとあって、「久しぶりの制服だったので、大丈夫かなと。衣装合わせで『全然イケる』と言われたので、安心してなりきれます」とティーンの若々しさを取り戻していた。

関連リンク

  • 10/7 18:00
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます