NHK 暴行逮捕の職員を「停職1カ月」に 不起訴も「NHKの社会的信用を損失」

拡大画像を見る

 NHKは7日、今年7月に暴行の疑いで逮捕され不起訴処分となった同局職員について、停職一カ月の懲戒処分を決めたことを発表した。

 当該職員は、放送技術局の30代男性職員。今年7月に東京・渋谷区内の駅のホームで、電車から降りてきた男性と口論になり、ペットボトルのお茶を掛けたなどとして暴行の疑いで逮捕され、その後、不起訴処分となった。協会の社会的信用を損なった責任は重いと判断したという。

 同局は「被害にあわれた方や視聴者の皆さまに、あらためて深くお詫びいたします。職員のコンプライアンス意識の徹底に努めてまいります」とコメントした。

関連リンク

  • 10/7 17:29
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます