ドコモの「エコノミーMVNO」始動、提携MVNOならドコモショップで契約可能に

拡大画像を見る

 NTTドコモは10月7日、スマートフォン(スマホ)の通信料金低廉化のニーズに応えるため、dアカウントやdポイントなどを活用するMVNO(以下、エコノミーMVNO)との連携に合意したと発表した。

 中容量・高コスパに位置付けるオンライン専用料金プラン「ahamo」の発表時に、ドコモは「小容量~無制限のプレミア」「中容量」「エコノミー(小容量)」の3本柱で展開すると打ち出していた。このうち「プレミア」については一部プランの料金を引き下げ、新たな割引サービスなどを開始した。
 今回、初めて展開する「エコノミー」は、サービス自体の提供主体はエコノミーMVNOとなるが、利用料金に応じたdポイントの進呈(新規にdポイント加盟店となるエコノミーMVNOから進呈)や、マイページなどのdアカウントでの認証、通信料金へのdポイントの充当など連携を行い、ニーズに応じた料金サービスのさらなる充実を目指す。
 エコノミーMVNOの料金サービスは、全国のドコモショップ約2300店舗で新規契約、ドコモ端末の購入などが可能で、エコノミーMVNO契約者も、ドコモショップで開催する「ドコモスマホ教室」に参加することができる。
 エコノミーMVNOの第1弾は、フリービットとNTTコミュニケーションズの2社。NTTコミュニケーションズは「OCN モバイル ONE」に2021年10月21日に月額550円の「500MB/月コース」を追加する。一方、フリービットは「トーンモバイル for docomo(仮称)」を展開し、第1弾「TONEファミリー」搭載のティーン向けSIMサービスを、12月をめどに提供する予定。

関連リンク

  • 10/7 18:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます