作曲家・すぎやまこういちさん死去 堀井雄二さん「ドラクエは先生の音楽とともにありました」

拡大画像を見る

10月7日、「亜麻色の髪の乙女」「学生街の喫茶店」などのヒット曲や、ゲーム「ドラゴンクエスト」シリーズ、JRAのファンファーレなど数々の作品で知られる作曲家・すぎやまこういちさんが9月30日に亡くなっていたと報じられた。90歳だった。

「ドラゴンクエスト宣伝担当」のTwitterアカウントは

作曲家のすぎやまこういち氏(本名:椙山 浩一)が、2021年9月30日、逝去されました。90歳でした。すぎやまこういち氏の生前のご功績に対する心からの敬意と感謝とともに、謹んで哀悼の意を表します。

とツイート。また、ドラゴンクエストシリーズの生みの親である堀井雄二さんは

すぎやま先生がお亡くなりになりました。先生は35年間、ドラクエの世界に音楽という命を吹き込んできてくださいました。ドラクエは先生の音楽とともにありました。ゲームとともに、ユーザーの皆さんの心の中に、先生は生き続けるでしょう。すぎやま先生、長い間、本当にありがとうございました。

とツイート。歌手の水木一郎さんは

すぎやまこういち先生の訃報を聞き、残念でなりません。マシンハヤブサのレコーディングで「君は歌がうまいね」と褒めてくださり、とても励みになったのを覚えています。オリンピックでドラクエのテーマが流れた時も、ゲーム好きなひとりとして嬉しく感じました。心からご冥福をお祈りいたします。

とツイートを行っている。その他にも、SNSでは数多くの方々が追悼のメッセージを送っているようだ。

※画像は『Twitter』より

関連リンク

  • 10/7 17:45
  • ガジェット通信

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます