剛力彩芽「人生は悲劇と喜劇のどちらが多かった?」に回答

【モデルプレス=2021/10/07】女優の剛力彩芽が7日、東京・初台の新国立劇場小劇場で行われた舞台『2つの「ヒ」キゲキ』(同所にて10月14日まで上演)の囲み取材に、水野美紀、矢島弘一氏、和田雅成とともに出席した。

◆水野美紀&矢島弘一氏脚本・演出『2つの「ヒ」キゲキ』

本作は、共通のテーマ「悲喜劇」に応じて、水野と矢島氏の2人がそれぞれ脚本を書き下ろし、1幕と2幕でひとつの作品として上演。その2つの別々の物語がリンクしていく2作品同時上演作品となる。

作品の内容を聞かれると、1幕『パンティーアナキズム』の脚本・演出を担当した矢島氏は「女子高生のヒエラルキーから、そのあと成長したときに、とある事件をきっかけに彼女(中村桜子)がどう成長していくかという悩みなんですけど、主演は剛力さんで、剛力さん自身がやる桜子という女の子は、面倒くさいタイプの女性なんですけど、彼女が抱える葛藤だとか、悩みだとか、今の生きにくい世の中で自分自身がこの先どうやって生きていこうかずっと葛藤している、ほとんど笑わないような女の子を描かせてもらって、世の中に対する皮肉を盛り込んで、剛力さんに頼ったといったところです」と説明。

2幕『テクタイト』脚本・演出を担当した水野は「とある劇場で本番中に事故が起きて、舞台上で演技中だった役者さんたちがみんな死んでしまって、その役者さんたちを成仏させるべく、画策するおばちゃんたちのお話なんですけれども、自分で自分を救おうとする人、助け合って救われようとする人、ある日突然、普通からはみ出してしまった人たちが、どうやって幸せになっていけばいいかというのを根底に思いながら書いた作品です。楽しんでいただけると思います」と紹介した。

◆剛力彩芽、久しぶりの女子高生役

そんな2作でどんな役を演じるのか尋ねられると、和田は「矢島さんの作品では、剛力さん演じる桜子のクラスメイトの男子で、桜子に影響を与える人物です。水野さんの作品では主人公のタクト・聖という役をやらせていただいて、僕の持っているものすべてで勝負させていただいています」といい、剛力は「矢島さんの作品では、常に何かに葛藤していて、眉間にシワが寄っているような女の子で、ただその感情は誰しもが持っているものだと思うので、そこをバランスよく表現できたらいいなと思っています。水野さんの作品では小田島Xという役で、一言で言うと難しい役ではあるんですけど、根底にあるものは母性です。すごく真逆なキャラクターを演じさせていただくので、そこはめちゃくちゃやり甲斐があるなと思いながら、どっちも人の感情というものがちゃんと伝わったらいいなと思ってお芝居をしています」と語った。

また、女子高生役を演じると聞いた際の心境を聞かれた剛力は「“大丈夫かな…”って思いました(笑)。久しぶりの制服だったので、“大丈夫かな…”って思いながら、でも衣装合わせをやったときに『全然イケるね』って言っていただけたので、安心して女子高生になりきろうって思っています」と笑顔で語り、「(共演者)みんなが同世代で、これで1人でも10代とか若い子がいたら、みんな浮いていただろうなと思うので、そこは同世代でよかったなと思います」と胸を撫で下ろした。

◆剛力彩芽、人生を振り返ると…

続けて、2幕で演じる役には“母性”があると言っていた剛力は、自分自身に母性を感じるときはあるか尋ねられると「私は仲がいい子は後輩の子が多いので、母性と言っていいのかわからないんですけど、面倒を見るのは好きです。姉御みたいな感覚になるときはあって、それが母性につながるかはわからないんですけど、でもその感覚はあります。でも子どもとかも大好きなので、そういったところでは、自分自身にも少なからずあるのかなという気はしています」と自己分析した。

さらに、同舞台のタイトル『2つの「ヒ」キゲキ』にちなみ、自身の人生を振り返ると悲劇と喜劇のどちらが多かったか質問された剛力は「喜劇!毎日楽しいですよ。悲劇はあまりない気がします」と答え、和田は「やっぱり悲劇が多かったですね(笑)。でも生きているとどっちも経験するんですけど、今はそれすらも楽しめるようになりました。どっちも喜劇に変えられるようになりましたね」と答えた。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/7 18:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます