上白石萌音&深津絵里&川栄李奈、ヒロイン集結! 朝ドラ「カムカムエヴリバディ」メインビジュアル

拡大画像を見る

11月より放送開始される連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」より、メインビジュアルが公開された。

連続テレビ小説105作目となる本作は、昭和・平成・令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代親子を描く物語。

公開されたメインビジュアルでは史上初となる3人のヒロイン、上白石萌音演じる最初のヒロイン・安子、深津絵里が演じる安子の娘で2代目ヒロインるい、川栄李奈が演じるるいの娘で3代目ヒロインひなたが、笑顔で一緒に写っている。「家族の木」をテーマに、親子3世代の時を超えた家族写真をイメージして制作された。

アートディレクター・服部一成は「母娘三代のヒロインが同じ年頃になって集まった、架空の家族写真を撮りたいと思いました。自分が子どもの頃、木登りは家族写真の定番でした。家系図を familytree とも言うし、木は家族の年月を暗示できるのではないかと考えました」と今回の経緯を語り、そして「撮影当日は悪天候の予報でしたがわずかな時間、晴れました。上白石さん、深津さん、川栄さん、みなさん軽々と登って、見事に安子、るい、ひなたを演じてくれました」と撮影をふり返っている。

また、写真家の新津保建秀は「ドラマの収録開始を経て迎えた今回のポスター撮影では、目の前の現実の風景のなかにヒロインたちが自然に舞い降り、物語がありありと立ち上がってきた瞬間を撮ることを心がけました。このポスターから、このときの感動が少しでも伝わったらうれしいです」とコメントし、コピーライター・国井美果は「100年も前からの話ですが、彼女たちが生きているのは紛れもなく『今』なんです。だからテレビの中にいる人、テレビの前にいる人、両側で今を生きる『私たち』の合言葉を、メッセージにしました」と話している。

2021年度後期連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」は11月1日より毎週月~土曜日8時~NHK総合、月~土曜日7時30分~BSプレミアム・BS4Kにて放送。※土曜日は1週間をふり返る



(cinemacafe.net)

関連リンク

  • 10/7 17:40
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます