怪我をした野良猫を保護 3か月後、警察署に行くと?

拡大画像を見る

困っている動物を見つけた時、心配で何か手助けをしたくなりますよね。

しかし、「責任をもって自ら救おう」と思い切れる人は、どれだけいるでしょうか。

傷付いた野良猫のために動いた人

ゴリ兄(goriani)さんは、ある日、ケガをして痩せた野良猫が家に住み着いたことに気が付きました。

飼い主がいないか、また保護ができないかを確認すべく、ほん走したのですが…。

殺処分の可能性も示唆され、悩んだゴリ兄さんは、正式な手順を踏んで家に迎えることに決めたそうです。

野良猫を警察署に拾得物として届け出ると、受け取った『拾得物件預り書』をしっかりと保管しました。

なぜなら、3か月以内に遺失者が現れなかった場合、ゴリ兄さんが野良猫の所有権の取得を希望できるのです!

その日が来るまで、ゴリ兄さんは野良猫を自宅で保護。病院へ連れて行ったり、お風呂で体を洗ったりと、甲斐がいしくお世話を続けました。

遺失者が現れないまま、ついに3か月が経過したことを確認すると…TikTokに投稿された、喜びにあふれる報告がこちらです!

@goriani

フランス語の黒『le noir』から ノワールと名付けました。 よろしくお願いします( ・∀・)##田舎暮らし ##保護猫 ##猫アレルギー ##猫

♬ 打上花火 (オルゴール) - ring of orgel

『取得通知書』も届き、いよいよ警察署まで手続きに行く様子もご覧ください。

最後に警察官から「これから、よろしくお願いします」といわれたゴリ兄さん。

正式に野良猫を家族として迎え入れることができて、感無量だったことでしょう。

猫にはフランス語で『黒』を意味する、『ノワール』くんと名付けてかわいがっています。

一連の出来事を見守っていた人たちも、ようやくお迎えできたことに感動していました。

・猫様との下僕契約書ですね!

・これからもノワールくんの健康などを、看守並みに見守ってください。

・どうぞ末永くよろしくお願いします。

・捨てられたであろうノワールくんが、もう一度人間を信じてくれてよかった。

「責任をもって育てます」とゴリ兄さんはコメント。

ノワールくんには、温かな家の中で、自由気ままに過ごしてほしいですね!

[文・構成/grape編集部]

出典 goriani

関連リンク

  • 10/7 17:06
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます