嵐・相葉雅紀の気遣いかフジテレビ『VS魂』私物封印で“匂わせ炎上”を見事に回避!二宮和也“トマト炎上”との差

拡大画像を見る

 嵐の相葉雅紀(38)が9月30日放送の『VS魂』(フジテレビ系)に出演。私物を買い取り査定してもらう企画が、ファンの間で話題になっていた。

 この日は、不用品を買い取るリユースショップで、“買取ブラックジャック”という新企画を放送。ジャニーズWESTの藤井流星(28)、美少年の浮所飛貴(19)を率いる相葉は、バイきんぐの西村瑞樹(44)、デヴィ夫人(81)、フワちゃん(27)からなる西村軍団と買い取り査定額をめぐるゲームで対決することになった。

 このゲームは、それぞれのチームの参加者が私物を持ち寄り、その査定額を予想。店が判断した合計査定額が相手チームよりも1万円に近いほうが勝ちというルール。もし1万円を超えてしまうと負けとなることから、両チームの参加者は知恵を絞って、さまざまな私物を出品していった。

 そんな中、視聴者は結婚発表の直後ということもあり、相葉がどんな私物を出品するのか注目することに。まず、相葉は嵐メンバーの口元をプリントしたオリジナルマスクを披露すると、「嵐の活動中に、TikTok(の企画)を任されることがあって、1個1万円で作ったのよ。5万円なんだけど、俺の引き出しに使える技術がなくて、使ってない。まんま新品」と説明した。

 そのマスクについて、西村から1万円を超えてしまうと指摘されたところ、相葉は「これダメだ」とそれを引っ込め、今度は「3~4000円ぐらいのやつ」と言いながら、進行役を務めるバイきんぐの小峠英二(45)からプレゼントされた革製の財布を披露。相葉によると、その財布を愛用しているという。

■相葉雅紀の出品にファンは「ホッ」

 結局、オリジナルマスクは1つ10円で計50円、革製の財布は7000円という査定だった。その後、相葉はDAIGO(43)からもらったミニチュアの置物を披露。もらいものの出品が目立つ相葉に対し、デヴィ夫人が「あなた、人からもらったもの、みんな出すの?」とツッコむと、相葉は苦笑いを浮かべ、「ウチに人からもらったものしかなくて」と弁明していた。

 ファンが注目したのは、これらの相葉の出品物。ネット上では「とことん自分で買った私物出さない相葉ちゃん笑う」などといった声が相次ぐ一方、一部のファンは相葉の優しさだと感じたようで、「相葉くんは、ファンがザワザワしないようにちゃんと考えて、いただいたものにしたんだよね」という指摘もあがっていた。ファン心理を考え、結婚相手を匂わせるような私物は避けたのではないかというのだ。

 ちょっと考えすぎのようだが、実は、同じグループの二宮和也(38)で前例がある。昨年5月12日、嵐の公式インスタグラムストーリーに家庭菜園でミニトマトを育てている模様を投稿したところ、“結婚生活を匂わせている”としてプチ炎上したのだ。

 相葉がこれを意識していた可能性は高い。今回の結婚発表では、動揺したファンも多かっただろうが、今後も安心して応援し続けられそうだ。

関連リンク

  • 10/7 17:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます