新型Xboxまもなく発売1年も…早くも市場から消えてる!? PS5は入手困難続く

拡大画像を見る

 来月の11月に発売から1年を迎えるプレイステーション5(以下、PS5)と新型Xbox(Xbox Series XおよびS)。両機種ともコロナ禍でのローンチということもあって、従来行われてきた派手なローンチイベントや店頭展開はほとんどなく、前代未聞の発売日を迎えたことは記憶に新しい。

 販売形態も店頭販売は基本的に行われず、ネットで予約が取れた人が発売日に店頭で受け取る流れになり、新型ゲーム機の発売日としてはかなり静かなスタートとなった。

 国内最大級のゲームイベント『東京ゲームショウ』も終わって、ホリデーシーズン向けに新作ゲームが登場する時期に差し掛かるが、両機種の動きはどうだろうか?

Xboxは登場から1年を待たずして買取終了宣言する店舗も

 PS5より2日早く国内で販売が開始された新型Xboxは、昨年11月10日に登場。新型ゲーム機登場に合わせて議論が活発になる「スペック比べ」では、PS5よりも上なのでは? という話題もゲーマーなら耳にしたことがあるだろう。

 この新型Xboxが、発売から1年を待たずして市場から消えている。もともと、PS5と比較して取り扱い店舗が少ない上、入荷数もわずかという状況だったのだが、ここに来てゲオが10月1日以降の新型Xboxの買取終了宣言をしている。

 今回買取終了の対象となっている機種には、初代PS、PS2、PSP、ゲームキューブなどの旧機種が並んでおり、ある種そうだろうなということはわかる。だが、Xboxに関しては初代Xboxから最新型まですべての機種が買取終了対象になっているのだ。

 ゲーム機は中古市場において一定の需要があるが、買取終了によってさらに新型Xboxの入手がさらに困難になってしまうだろう。

 新型Xboxはマイクロソフトのゲームサブスクリプションサービス「Xbox Game Pass」を武器に市場展開しているが、このサービス自体はかなり強力でPS陣営と比較しても十分な競争力を持っている。だが、国内では力及ばずといったことなのだろうか。

 コアなゲームファンから支持されているXboxの今後の国内展開が危ぶまれる。

 新型Xboxに遅れること2日の、11月12日に国内市場に登場したPS5。発売日に手にできたのは、激しい予約合戦に勝ち残ったごくわずかのユーザーのみで、新型PSらしい人気ぶりに。

 通常、発売から1年も経過するとそれなりの流通量になって行き渡るものだが、PS5はちょっと事情が異なるようだ。今なお、抽選販売が続いており、ゲームメディアでも連日抽選情報が報道されている状況。これは世界的な半導体不足も影響していると思われる。悪名高き「転売ヤー」というワードも、このPS5の一件で目にする機会が激増した。

 都心の一部店舗においてはゲリラ的に在庫が復活することがあるようだが、不規則かつ数量もわからないため、抽選販売に参加するのがスタンダードになっている。各社ではこの抽選販売に工夫を凝らし始めており、アプリのインストール必須、自社のブランドのクレジットカード必須など、うまく商機に転換している店舗もある。

 とはいえ、PS5が順風満帆かと聞かれればそうともいえない。先日配信されたPS新作ゲームの情報番組『PlayStation Showcase 2021』で今後のタイトルラインナップが公開されたが、年内発売のビックタイトルはなく、来年登場予定が目立った。その内容もリマスター版が多く、「このゲームがPS5にしかないから本体を買う」行動に結びつくのが難しいと言った印象だ。

 また、入手困難な状況が続いているせいか、「手に入らない」から「もういいや」と心変わりしている層も一定数いるようで、筆者の周りのゲーマーからも同様の声を聞くことも。

 こうした両陣営の状況下で、元気があるのはNintendo Switchだ。11月にはポケットモンスターシリーズ最新作、来年にはスプラトゥーン3など強力すぎるタイトルラインナップを揃え、9月24日から予約開始している有機EL版のSwitchも滑り出し好調のようだ。

 新作ゲームのハイシーズンを迎える秋冬、ゲームの話題を席巻するのはどのプラットフォームになるのか?

  • 10/7 12:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます