51歳で38億円稼いだボート界の絶対王者・松井 繁「努力なら誰にも負けない」

拡大画像を見る

 SG優勝12回、SGグランプリ優勝3回、通算獲得賞金は38億円超と、他の追随を許さないボートレース界のレジェンド・松井繁。

 平成元年のデビューから程なくして「王者」と呼ばれるほど実績を積み上げてきた男は、今年、52歳を迎える。平成から令和にかけて、ボートレース界のトップクラスに君臨し続けてきた男の素顔に迫った。

◆ボートレースの世界に進んだのは、人の勧め

――松井さんがボートレースの世界に進んだのは、人の勧めだったと聞きます。

松井:そうね、親父が寿司屋を経営していて、そこの従業員の方から「ボートレーサーに向いてるんじゃないか?」って勧められたのがきっかけですね。モータースポーツとか車とかすごく好きやったし、レースをすることには興味があったんで、じゃあ「やってみよう」って。

――もし勧められてなかったら、家業を継いで「寿司職人の王者」になっていたのでしょうか。

松井:いやいや。握ってないね、包丁持つのも苦手なんで(笑)。だから養成所を受けることに決めたというのもあるんですよ。父は反対はしなかったけど、なれるとは思ってなかったみたいですしね。でも結局、養成所の試験は一発で合格できてしまった。

――養成所では同期に、松井さんと同じく、ボート界を背負って立つことになる服部幸男さんもいました。

松井:服部は最初からいきなり活躍していて当時から意識していたし、今でも意識してる存在。お互い頑張って少しでも上にいけるように……って話してます。

――服部選手といえば「水の上では先輩も後輩もない」というCMでの名フレーズが脚光を浴びました。

松井:もちろんレースでは先輩も後輩もないから当然なんだけど、ただ、それは水の上での話だからね。普段の生活ではやっぱり先輩も後輩もあるよね。だからあのCMのおかげで、服部もいろいろ言われたんじゃないかな(笑)。

◆「やっていける」と確信した’95年の一般戦

――とはいえ松井さんもデビューから1年半の早さでA1級に昇格。順調に成績を残しました。「ボートレーサーとしてやっていける」という確信を持てたのは、その頃なのでしょうか。

松井:もちろん、最初からこの世界でやっていける自信があったわけじゃない。その自信がついたきっかけは明確に覚えているんだけど、初めてグランプリに出た’95年の5月に出場したオール大阪という一般戦でしたね。

この時代はまだモンキーターンが生まれて間もない頃だったから全選手ができるわけじゃなくて、僕もずっとモンキーの練習はしていたんだけど、頭と体が一致していないというか、自分の思うようなターンではなかった。でも、この開催でようやく納得のいくモンキーターンができた。この時やね、「やっていける」って思ったのは。

◆勝つためにモンキーターンは「絶対に必要」

――ボートレースを語る上で必ず出てくるモンキーターン。モンキーターンとそれまでのターンはどんな違いがあるんでしょうか。

松井:もうね、モンキーターンをやってみると、それまでのターンとはまるで別物という感覚だった。普通のターンとモンキーターンの違いって、例えれば、車でカーブを曲がるときの雨の日と晴れの日の違いといえばわかりやすいかな。モンキーターンなら滑らず小回りできるイメージに近い。

――モンキーターンは今でこそ当たり前ですが、当時はまだできる選手も少なかった。しかし少しでも速いターンを追い求めたと。

松井:とにかく勝つためにモンキーターンは「絶対に必要」と思った。「できた!」と感じる前も「たまたまできた」っていうことはあった。でも、たまたまじゃダメでしょう。あの頃は「常にできる」を追い求めなきゃいけなかった。もう努力するしかない。勝つためにはその努力でなし得たこと、つまりモンキーターンを当たり前にできるようになることしかなかったんですよ。

◆どんなレースでも同じように勝ちにいく

――努力を普段どおりにやっていく。松井さんにとってはそれが当たり前のことだと。

松井:せやね。努力なら誰にも負けないと思う。だから僕にとって「オフ」っていう概念はないのよ。よくオン・オフの切り替えはどうしているのかって聞かれるんだけど、僕にとって切り替えなんてない。

淡々と過ごしているというか、周りから見たら僕を見て気合入ってるとか、ピリピリしているとか感じてるみたいやけど、僕のなかでは変わらず一定の気持ちでやっている。切り替えようっていう考えがないんですよね。それはSGだろうが一般戦だろうが一緒。どんなレースでも同じように勝ちにいく。

――一般戦も大事なレースだと。

松井:もちろん。だって、一般戦で勝てなければSGで勝てるわけがないでしょう。一般戦はテキトーで、SGに出たときにしっかり勝てばいいやって考え方をしていたらグランプリ出場なんてずっと続けられない。ずっと変わらず気を抜かないでやっていく。練習、ペラ調整、整備……とにかく飽きずに続けられるのは僕の最大の特徴なんだと思う。もしかしたら僕は同じことを淡々と作業できる機械なのかもしれない(笑)。

※10/5発売の週刊SPA!のインタビュー連載『エッジな人々』から一部抜粋したものです

【Sigeru Matsui】
’69年11月11日、大阪府生まれ。’89年にボートレーサーとなり、’96年にSG初優勝。その後SG12回、G1優勝57回など、51歳の今もSG戦線で活躍する「王者」。10月26日からボートレース平和島で開催されるSGボートレースダービーにも出場予定

撮影/渡辺秀之 文/佐藤永記

【佐藤永記】
公営競技ライター・Youtuber。シグナルRightの名前で2010年、ニコ生で全ての公営競技を解説できる生主として話題に。現在はYoutube「公営競技大学」を運営。子育てやSE業界の話題なども扱う。Twitter:@signalright

関連リンク

  • 10/7 15:51
  • 日刊SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます