「セカンドから本命に昇格!」と女子の気持ちを変えた行動9パターン

いい感じの関係になっても、なかなか本命に昇格できない男性は、どんな努力をすると意中の女性の「正式な彼氏」の座に納まることができるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「『セカンドから本命に昇格!』と女子の気持ちを変えた行動」をご紹介します。

【1】落ち込んでいるときに優しく慰める
「弱ってるときに優しくされると弱いかも」(20代女性)というように、精神的に参っている女性は、温かい励ましの言葉をかけてくれる男性にひかれるようです。相談事を持ちかけられたら、チャンスだと思って、親身に話を聞いてあげましょう。

【2】デートではお姫様のように大切に扱う
「大事にされてるんだなって実感すると、心が動く」(20代女性)というように、デートではベタなくらい女性をおもてなししまくると、気分良く過ごしてもらうことができそうです。ドアを開けたり、自分が車道側を歩いたり、簡単なことから始めていきましょう。

【3】ときに情熱的に愛情を伝える
「『好き』って言われ続けると、グラッとくる女子は多いと思う」(20代女性)というように、愛されるのが嫌いな女性はいないので、あえてストレートに攻めるのも手かもしれません。ただし、「誰にでも言っている」と思われたら台無しなので、普段からチャラい言動をしないよう気を付けましょう。

【4】誰よりも先に「誕生日おめでとうメール」を送る
「キュンとした。気持ちが嬉しい」(10代女性)というように、誕生日は誰にとっても特別な日なので、思いの強さを伝えるにはうってつけでしょう。勇気があれば、夜中の0時に「おめでとうコール」をしてもいいかもしれません。

【5】ほかの人が言いづらいダメ出しをする
「本当に私のことを考えてくれてるんだなって感動した」(20代女性)というように、気持ちのこもった「お説教」を喜ぶ女性もいるようです。ただし、なかにはまったく受け付けない女性もいるので、藪から棒にダメ出しをするのはやめましょう。

【6】体調の変化に気づいて心配する
「いつも見てくれてるからこそわかることだよね」(20代女性)というように、女性は自分を温かく見守ってくれる男性の存在に、安らぎを感じるようです。デート中も、「足疲れてない?」などとマメに気遣ってあげてはいかがでしょうか。

【7】「安定した将来」を思わせる人生設計を立てる
「結婚するならこういう人もいいかなと思った」(20代女性)というように、恋愛と結婚を分けて考える女性は、堅実な生き方をする男性に夫としての素質を見るようです。もし彼女が過去に付き合ってきた男性が自分と違うタイプばかりでも、諦める必要はないかもしれません。

【8】友達を巻き込んでサプライズを企画する
「友達が協力してくれるってことは、私たちお似合いに見えるのかな?」(20代女性) というように、他人を巻き込んだイベントをすると「友達に背中を押されている」と感じる女性もいるようです。ただし、目立った行動を嫌う女性もいるので、サプライズ好きかどうかは事前にリサーチしたほうがいいでしょう。

【9】何年もずっと、ただ好きでいる
「長い間好きでいてくれるってことは、本物なのかも」(20代女性) というように、時間を経て熱い思いに気づく女性もいるようです。積極的なアプローチが苦手なら、「二人の歴史に懸けてみる」という持久戦もアリかもしれません。

二番手の男性が本命に昇格するには、やはりいつも以上の努力が必要とされるようです。自分が得意な方法というよりは、彼女にもっとも刺さる方法を模索して対策を立てましょう。(小倉志郎) 【調査概要】 期間:2014年6月3日から10日まで 対象:合計500名(10代、20代の独身女性) 地域:全国 方法:インターネット調査

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/7 16:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます