すぎやまこういち氏が死去 90歳 ドラゴンクエストシリーズなど

拡大画像を見る

 作曲家のすぎやまこういち(本名・椙山浩一)さんが9月30日、敗血症性ショックのため亡くなったことが7日、分かった。90歳。大人気ゲームのドラゴンクエストシリーズなど、数々のゲーム音楽などを作曲した。葬儀、告別式は親族、近親者のみで執り行われた。後日お別れの会を開催する予定。

 ドラゴンクエストの公式HPでは「すぎやまこういち氏の生前の功績に対する心からの敬意と感謝とともに、謹んで哀悼の意を表します」と記され、SQUARE ENIXのHPでも代表取締役社長の松田洋祐氏が「言葉では言い表せない程の多大なご尽力を賜りました」など追悼コメントを発表している。

 すぎやま氏は東大卒業後、文化放送を経てフジテレビに入社。ディレクターとして音楽番組などに携わる。その後フジを退社し、フリーのディレクターとして活動。70年代に入るとアニメや特撮番組などの音楽を手がけるようになった。また、ザ・ピーナッツの「恋のフーガ」、ザ・タイガース「花の首飾り」なども作曲。ゲーム音楽「ドラゴンクエストシリーズ」は代表作の一つ。

関連リンク

  • 10/7 15:24
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます