紅白2年ぶり有観客開催 5000人キャパ会場で入場制限

拡大画像を見る

 NHKの定例会長会見が7日、東京・渋谷の同局で行われ、大みそかに行われる「紅白歌合戦」は2年ぶりに有観客で開催されることが発表された。

 昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け無観客で開催したが、前田晃伸会長は「緊急事態宣言が解除されましたので、観客を入れてできると判断した」と経緯を説明。5000席の会場で入場制限したうえで行うといい、「感染状況を見極め、国や自治体のガイドラインにのっとり万全の対策を取って行いたい」と話した。この日からウェブ上で観覧募集を開始する。

 なお、今年は、NHKホールが耐震工事に伴い閉館中であることから、東京・有楽町の東京国際フォーラムの「ホールA」をメーン会場に開催する。同会場の他、NHK放送センターなども使用することを考えているという。

 放送時間は、午後7時30分から午後11時45分まで。

関連リンク

  • 10/7 15:27
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます