V6三宅健、岡田准一の“取り扱い説明書”明かす 松本人志ら大笑い

【モデルプレス=2021/10/07】V6の三宅健が、8日放送のフジテレビ系『人志松本の酒のツマミになる話』(毎週金曜21時58分~)に出演。岡田准一の“取り扱い説明書”を明かす。

同番組は、“お酒の席が盛り上がれば何をしゃべってもOK”というルールの下、普段言えないような悩みや失敗談、心に秘めた本音を語り合うトークバラエティー。

8日の放送でMCを務めるのは、松本人志とフットボールアワー(岩尾望、後藤輝基)。ゲストには井上和香、すみれ、水田信二(和牛)、そして三宅が登場。円卓を囲み、それぞれの好きなお酒で乾杯し宴がスタート。番組特製の“酒瓶ルーレット”でトークの順番を決定する。

◆井上和香、かつての“束縛”を告白

すみれは友人に、恋愛での束縛グセを指摘されることが多いが、自分ではその自覚があまりないのだと語る。そこで「皆さんに、どこからが束縛にあたるのかを判断してほしい」と問いかけ、「たとえば、恋人のSNSを…」と例を挙げ、そこから議論が盛り上がる。

また、井上は「若い頃は結構束縛してました」と言い、「恋人とけんかをして、彼が家を出て行ったときに…」と、当時驚きの行動をとったことを明かすと、男性陣は凍り付き、三宅は「うわーこわい!」と苦笑いする。

◆三宅健が明かした岡田准一の“取り扱い説明書”とは

さらに、三宅は「V6のマネージャーの間では、“メンバーの取り扱い説明書”が共有されていて」と切り出す。例えば、三宅は寒がりなため“部屋の温度を上げるように”と共有されているのだといい、「岡田(准一)の場合は、近くを通るときに…」と、意外な共有事項があることを明かすと、松本は「めんどくさ!」と大笑いする。

また、後藤は以前、相方・岩尾の取り扱い説明書を見たことがあると語り、「3行くらいでしたけど、最後に書いてあったことは覚えている」と、その内容を暴露する。これにすみれは「かわいい!」と笑い、岩尾は「小学校の先生からの引き継ぎみたい」とたじたじに。

その他にも、水田の“料理が得意な男性をどう思う?”という疑問や、井上の“人前で恥をかいた思い出”などの話題も。お酒を飲みながらのトークだからこそ飛び出す、他の番組では決して聞くことのできないゲストたちの本音トークに注目だ。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/7 15:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます