今泉佑唯、1年ぶりに女優復帰 舞台『修羅雪姫』に主演決定

拡大画像を見る

 女優の今泉佑唯が、11月19日から上演の舞台『修羅雪姫』で約1年ぶりに女優復帰し主演を務めることがわかった。

 本作は、1972年から週刊プレイボーイ(集英社)で連載された小池一夫原作、上村一夫作画による同名漫画が原作。その後、梶芽衣子主演で映画化され、この映画がハリウッドのクエンティン・タランティーノ監督に強烈な影響を与え、傑作『キル・ビル』が出来上がったという逸話も有名な作品だ。このアクションスリラーと呼ばれる特殊な分野で数々の伝説を残している『修羅雪姫』が、50年の時を超えて舞台として現代に復活する。

 日清日露戦争を前に、軍事国家へと傾き始めた明治時代後期の日本。徴兵のために村に訪れる魔物という汚名を着せられ、家族を殺され、夫を死に追いやられ、自らも貶められ悲惨な目にあった小夜は、復讐相手の1人をどうにかしとめるが、捕らえられ獄中に入る。

 小夜は獄中で身籠っていた子どもを産み、雪の降る夜に産まれた女の子に“雪”と名づけて命尽きる。やがて雪は剣豪でもあった道海和尚の元で厳しい修行を身に着け、自分を産んでくれた母に代わって復讐の旅を続けることを決意する。

 復讐の相手を見つけ出す度に、政府の恐ろしい陰謀が見え隠れし始める。そしていくつもの命を奪う中で次々と現れてくる残酷な真実…。雪はそれでも戦い続ける。

 そんな本作で主演を務めるのが、昨年10月に活動休止以来、約1年ぶりの女優復帰となる今泉。キャストにはそのほか、高橋龍輝、細貝圭、松村龍之介などの若手個性派俳優が集結し、さらにAKB48の大西桃香、ラストアイドルの安田愛里が共演。日本エンターテイメント演劇の巨匠・岡村俊一が構成演出を手掛け、脚本は北区つかこうへい劇団出身で、俳優からナレーターまで幅広い活動を続ける久保田創が担当する。

 舞台『修羅雪姫』は東京・CBGKシブゲキ!!にて11月19日~21日上演。

関連リンク

  • 10/7 11:30
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます