吉村知事 大阪コロナ対策に協力していた医療法人の前理事長逮捕「治療などに影響ない」

拡大画像を見る

 大阪府の吉村洋文知事が7日、大阪府庁で会見。この日、日本大学の医学部付属板橋病院の建て替え工事の設計契約を巡り、日大に2億2千万円の損害を与えたとして、日大理事の井ノ口忠男容疑者(64)とともに大阪市の医療法人「錦秀会」の前理事長籔本雅巳容疑者(61)が背任の疑いで東京地検特捜部に逮捕されたことに関して、「錦秀会」がコロナ専門病院を設置するなど、大阪府市のコロナ対策に協力的だったことで今後の影響を質問された。

 吉村知事は「(籔本容疑者は)すでに理事長を退任しているし、9月30日に(『錦秀会』系列の)第2のコロナ専門病院として稼働して、患者さんを受け入れていただいている。大阪府のコロナ治療、療養に影響は及ぼさないと思っている。別の問題」と見解を示した。

関連リンク

  • 10/7 13:05
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます