【京都大賞典 血統データ分析】群雄割拠の種牡馬成績、好走率ではエピファネイアやキングカメハメハ

拡大画像を見る

 10日に阪神競馬場で行われる京都大賞典(3歳上・GII・芝2400m)について血統・種牡馬別に検証していく。なお、今年は開催日割の変更に伴い阪神芝2400mにて施行されるため、2020年以降の当該コース成績をデータの集計対象とした。

 エピファネイア産駒は[3-1-1-3]。当該コースでは最多タイとなる3勝を挙げているが、特筆すべきは勝率37.5%・連対率50.0%・複勝率62.5%という好走率の高さだろう。なお、20年兵庫特別ではロールオブサンダーが後続に9馬身差を付けて圧勝している。同産駒は上位人気と目されるアリストテレスが出走予定。

 オルフェーヴル産駒は[3-4-3-13]。21年御堂筋S(ディアマンミノル)、21年白鷺特別(アイアンバローズ)、3勝のうち2勝が特別賞となり、平場[1-2-1-10]複勝率28.6%、特別[2-2-2-3]複勝率66.7%、と上級戦で好成績を残していることも特徴のひとつ。同産駒にはアイアンバローズ、オセアグレイト、ディアマンミノル、ヒュミドールの4頭が該当。

 キングカメハメハ産駒は[2-4-3-6]。2勝の内訳は、20年甲武特別(ヒートオンビート)、21年アザレア賞(リーブルミノル)。直近1年は勝利数でこそ後塵を拝しているものの、延べ15頭が出走して連対率40.0%・複勝率60.0%という成績は瞠目に値する。同産駒からは当該コースでも勝利実績のあるヒートオンビートが出走予定。

関連リンク

  • 10/7 12:50
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます