福原遥“幸”、怒涛の不運に襲われる!

拡大画像を見る

福原遥が主演を務めるプラチナイト モクドラF『アンラッキーガール!』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~※一部地域を除く)が、10月7日にスタートする。

とにかくツイてなさすぎる、“世界一不運”な3人のオンナたちが、次々とトラブルに巻き込まれながらも、幸せを掴もうと奮闘していくアンラッキーコメディ。1話完結のオリジナルの脚本で、福原は3人のうちの1人、福良幸(ふくら・さち)役を演じる。脚本は、コントユニット・大人のカフェの伊達さん(『推しの王子様』『おじさまと猫』)、モラル(『極主夫道』『クレヨンしんちゃん』)などによる完全オリジナル作品。また、語りをバカリズムが務め、登場人物の名前、生年月日、部屋の間取りなど、人気占い師・シウマが占った内容がドラマに反映されている。

<第1話あらすじ>
くじ売り場で働く福良幸(福原)は、金運をはじめあらゆることに運がない女性。ある朝、幸が起きると、偶然に偶然が重なって部屋がめちゃくちゃに。さらには、ゴミを捨てに行けばゴミの山に頭からツッコんでしまう。いつも通り、朝から不運続きの幸は、出勤前に喫茶店「蓮」に入った。

そこには、幸と同じように不運に見舞われてばかりいる2人の女性が来ていた。仕事運がなく無職の綾波樹(高梨臨)は、仕事を紹介してくれると約束した男性・吉田に相談するが、期待外れに終わる。男運がない朝倉香(若月佑美)は、元バンドマンの恋人・桜田卓海(板垣瑞生)があまりにもだらしなく、悩んでいた。金に困った卓海は、銀行強盗をすると言い出す。香は、彼に別れ話を切り出すのだった。香と卓海の会話を聞いていた樹は卓海にいら立ち、口を挟む。香と卓海、樹は口論になってしまう。幸は、その一部始終を見ていた。

幸のくじ売場に、有り金をすべて出して「買えるだけください」という客が来る。その客は、香だった。幸は「やめたほうがいいですよ」と止める。その時、くじ売り場に火の手が上がり、燃え始める。そこに、樹もやってくる。火の勢いは増し、幸たちはパニックに陥る。

ついていない3人は、再び「蓮」にやってくる。落ち込む3人の前に、弁護士の指宿恵徳(生瀬勝久)が現れる。趣味で占いをやっているという指宿は、3人が並外れて運がない人間だと気付いていた。

指宿が3人を占うと案の定、結果はさんざん。そんな中、店のテレビから銀行強盗のニュースが流れてくる。被害総額は1億円で、犯人は逃走中だという。香は、卓海がやったのではないかと心配になる。指宿は、絶望的な運のなさではあるが3人で協力すれば道は開けるかもしれないとアドバイスする。3人は、それぞれ不安な気持ちを抱きながら解散する。

その帰り道、幸はバッグをひったくられてしまう。幸は、必死に追いかけてひったくり犯を捕まえる。ひったくり犯のヘルメットを取ると、その男は驚きの人物で……!

その後、ひったくり犯とやり合い、泥まみれになる幸。さらなるトラブルが続出し、幸は不運の嵐に見舞われる。その後、幸は香と樹と再び出会うことに。運のない3人が揃い、怒涛の不運が彼女たちを襲っていく。はたして、3人は乗り越え、幸せを掴み取ることができるのか――!?

関連リンク

  • 10/7 13:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます