坂下千里子、1週間で3回同じ料理で夫に「めっちゃ怒られた」

拡大画像を見る

 タレントの坂下千里子が7日、フジテレビ系「ノンストップ!」で、食事に関する夫との好みの違いに悩んだ日々を明かし、1週間で3度同じ料理を出して「怒られた」と打ち明けた。

 番組では、夫婦間の食のギャップについて議論。その中で坂下にもインタビューを行った。

 08年にカメラマンと結婚した坂下は京都の出身。一方の夫は東北の出身で「私が薄味で、夫が濃い味が好き」「みそ汁の濃さから違った。朝もパンかご飯かでももめた」と結婚当初の食の違いのギャップに悩まされたという。

 味付けに関しては「夫が好きな味よりは薄いけど、だいぶ濃い方にはなった。そっちの方が夫がよく食べてくれるし」と味付けに関しては夫の好みに合わせるようになったというが、朝食だけは「私は小さい頃から家を出るまで、パンに紅茶の家だった。なのでご飯に切り替えられなくて。そこは夫に折れてもらった」という。

 また日々の食事についても「どっかで手を抜かないと自分がパンクする。料理が得意じゃない人にしたら、3食1カ月以上作るってきつい」と語り、最近では手羽先に塩こしょうし、それを魚焼きグリルで焼くだけという料理を出したところ家族に大好評だったという。

 「すごい簡単」な料理だったことから「1週間に3回出した」ところ、さすがに夫に「めっちゃ怒られた」と苦笑いしていた。

関連リンク

  • 10/7 12:21
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます