はつめ「PCのことなら大体任せて」 自力で最強の1台を組み立てる

【連載】はつめ降臨 成長する連載「第一形態」

いしたにまさき:毎度おなじみ、「はつめちゃんとゲームの話をしよう!」です。今月もよろしくお願いします。

はつめ:よろしくお願いします!

いしたに:前回、PCでゲームするなら、キーボードとマウスがまず大事という話を細かくしてもらって、私の周囲でも好評でした。

はつめ:お、ありがとうございます。

いしたに:そしてそういった反応をお聞きしつつ、そもそもゲームをやるPCの話をしてないなあと思っていたら、はつめさんがゴリゴリに自作PC組む動画を出していて、これはちょうどいいと思った次第です(笑)。こちらですね。

はつめ:我ながら超いいタイミングだなと思いました。実は、プロ時代を含めなぜか3年で7台のPC組み立てをしているので、PCのことなら大体任せてください。

いしたに:7台は多いな(笑)。

はつめ:びっくりですよね。

「自作PCしてみよう」は意外と少ない

いしたに:まず、「そもそも自作PCってなに?」という話をしておいた方がいいと思うんですよ。「は?自作???PCなのに?」って人もいるでしょう。

はつめ:確かに。ゲーマーでも自作PCってワードは聞いたことあるけど、実際「自分も自作PCしてみよう!」となる人、意外と少ないです。

いしたに:普通はメーカー製のものを、量販店とかECとかで買いますからね。

はつめ:そうですね。大半の人は家電量販店やインターネットで出来上がったPCを買うのが主流です。

いしたに:では、自作PCの説明をお願いします。

はつめ:自作PCとは、PCの中のパーツを一つ一つ自分で選んで「ぼくがかんがえたさいきょうのPC」を組むものです。
 PCといっても、ゲームをやる人、グラフィックを作る人、仕事をする人、絵を描く人といろいろいるので、実はそれぞれに合った用途で最強のPCを組むのが理想なんですよね。

いしたに:PCパーツというのが少しわかりにくいとは思うんですけど、いわゆるPCメーカーもCPUとかGPUとかいろんなものを全部自社で作ってるわけではなくて、他の会社からパーツを買って、完成品のPCを組み上げているんですよね。それが他の電気製品とは違うところですね。
 例えば、自作スマホとかはほぼ無理なんですけど、PCの場合はPCパーツを個人でも買うことができるし、インストールするOSも買えるので、自分が組み上げることができるわけです。

はつめ:そうそう。あとは単純に見た目かっこいいのがいい!光らせたい!とかもありますね。

いしたに:メーカーはいろんな理由で、万人受けしやすい最大公約数的な仕様のものしか作らないので、光らせたい人は自分で組むのが早いわけです(笑)。

はつめ:最近は、既製品でもゲーミングとうたってビカビカしてるものも多いですが、こだわりたいなら自作一択ですね。

画期的なのか原始的なのか

いしたに:そしてそういうPCのパーツを見て、その場でどんどん買えるのがなんだかんだでアキバということですね。今回、「水冷PC」も作ってましたね。

はつめ:今回は簡易水冷!ゴリゴリの水冷は、メンテナンスが大変なので諦めました。憧れですけどね~水冷PCは。

いしたに:PCで水冷ってのがまたすごい時代ですけど(笑)、PCってガンガンに使っているとどんどん発熱していくので、なにかしらの方法で冷やさないといけないんです。これまではファンを使って空冷だったんですが、もうそれでは追いつかないっていうことで水冷が始まったと(笑)。

はつめ:ガンガンに冷えた液体の通るパイプをファンの裏に通して、冷えた液体を通った冷たい風で冷やすっていう、画期的なのか原始的なのかよくわからない神システムです。

いしたに:わはは、たしかに原始的な感じもありますね。「結局、水なんですか?」と。
 そんなわけで、ゲーミングPCというのは、ビジネス向けの普通のPCとはまた違う世界があるっていうことだけでも、きょうはご理解いただければと思います。自作PCの話は、話を始めると無限にできると思うので、またいつかやりましょう。

はつめ:オタクなので止まらなくなっちゃうので、止めてくれてありがとうございます。

(次回に続く)

【連載】はつめ降臨 成長する連載「第一形態」<J-CASTトレンド>

はつめ現在フリーのストリーマーとして活動している元プロゲーマー。高校時代にesports業界へ飛び込み、18歳にプロ契約。格闘ゲームのプロゲーマーとして、全世界で行われるCAPCOM Pro TourやEVOへも参加。2020年頃よりApex Legendsのゲーム実況をはじめ、当時の最高ランクに昇格するなど、FPSでも活躍している。米国発スポーツアパレルブランド「Kaepa」のブランドアンバサダーを務めている。テレビ番組「お願いランキング!」「王様のブランチ」「マツコ会議」への出演をはじめ、新聞やメディア出演も多数。
Twitter:https://twitter.com/hatsumememe
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCq1FEiGmyh-52yYGeOMTVLA

いしたにまさきウェブサービス・ネット・ガジェットを紹介する考古学的レビューブログ『みたいもん!』管理人。2002年メディア芸術祭特別賞、第5回Webクリエーションアウォード「Web人ユニット」賞受賞。著書に2010年11月に単著「ネットで成功しているのは〈やめない人たち〉である(技術評論社)」など共著も多数。2011 年9月より内閣広報室・IT広報アドバイザー就任。同年アルファブロガー・アワード受賞。「ひらくPCバッグ」などネット発のカバンデザインも好調。ひらくPCバッグで2016年グッドデザイン賞受賞。Evernote ECL・ScanSnapアンバサダー・HHKBアンバサダー。Yahoo!ニュース個人オーサー。
Twitter:https://twitter.com/masakiishitani
ブログ:https://mitaimon.com/

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/7 12:00
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます