深田恭子『2021 FNS歌謡祭 秋』での「ろれつが回らない」心配姿…1年間の「ボディスーツ作り直し騒動」と浮上する「電撃引退説」

拡大画像を見る

 女優の深田恭子(38)が10月6日放送の『2021 FNS歌謡祭 秋』(フジテレビ系)にVTR出演。10月15日公開の主演映画『劇場版 ルパンの娘』の告知や、思い出に残る歌をリクエストしたものの、その姿やしゃべり方を見た視聴者からは心配の声が上がってしまった。

 深田といえば、5月26日に適応障害の診断を受けたことを発表し、主演予定だったドラマ『推しの王子様』(フジテレビ系)を降板し、比嘉愛未(35)が代役を務めた。

 そして深田は、約3か月後の9月2日に活動再開を発表。同27日には『劇場版 ルパンの娘』の完成披露舞台挨拶に登壇した。

 6日放送の『FNS歌謡祭』に出演した深田は、過去にTHE ALFEEと阿佐ヶ谷姉妹がコラボした『星空のディスタンス』をリクエスト。

「もともと高見沢(俊彦)さんと『堂本兄弟』(フジテレビ系)でご一緒させていただいていたんですけれど、“あっ! 高見沢さんだ”と思ってテレビを見ていたら、“コラボしているんだ”と最初思ったんですけど、途中から坂崎(幸之助)さんのコスプレをした(阿佐ヶ谷姉妹の渡辺)江里子さんがそっくりで、何気なく歌っていてさらに見入っちゃいました」「もうこれは大好きです。何度でも見たいです」とコメント。

 THE ALFEEと阿佐谷姉妹のパフォーマンスをあらためて視聴した深田は「気持ちが上がりますね。こんなにも息が合っているのがすごいですよね」と感想を語った。

 また、『劇場版 ルパンの娘』についても「笑って泣けるエンタメ超大作。ぜひご覧ください」と告知した。

「ただ、気になるのは深田さんの顔がほっそりと痩せていたこと、そして彼女のしゃべり方です。深田さんといえば肉づきのいいむちむちボディが魅力のひとつで、写真集でもファンを楽しませてくれていましたよね。

 ところが、『FNS歌謡祭』にVTR出演した深田さんの顔は以前より一回りほど小さくなった印象です。また、笑顔は見せてくれていたのですが、ろれつが回っていないような、口がしっかり開けられないようなしゃべり方で、“声を出すのもツラいのかな”と心配になるほどでした」(女性誌ライター)

■「誰が見たっていつもの深キョンじゃない」

 今回の『FNS歌謡祭』のVTRでの深田の様子には、「表情を見ただけで、まだ復調していないことは一目瞭然。しゃべりも全く普通ではなかった。映画のキャンペーンのために無理に復帰させられた感じがする」「誰が見たっていつもの深キョンじゃない。そりゃ主演映画だから深キョンがいなきゃいけないのはわかるけど」「まだまだ復活なんてできない感じ……少なくても数か月は自宅療養しないといけない期間だと思う」といった心配する声が、ネットにも多数上がっている。

「深田さんは今年5月に適応障害と診断され、活動休止することを発表しましたが、昨年の春頃から体調を崩すようになったと事務所は明らかにしています。

 つまり、1年ほど体調不良をなんとか誤魔化しながら表舞台に立ち続けていたと考えられる。その間には“異変”も起こっていたんです。それが『ルパンの娘』の衣装の作り直しです」(芸能プロ関係者)

 2019年7月クールにスタートした『ルパンの娘』(フジテレビ系)では、深田の体のラインがくっきりと分かるほどタイトな“泥棒スーツ”が人気を博した。

「しかし、2020年放送のシーズン2のクランクインの際、深田さんが衣装合わせをすると、以前のボディスーツではサイズが全然合わなくなっていたそうなんです。それで、衣装が全部作り直しになってしまった。

 深田さんといえば、豊満でセクシーなボディで多くの男性ファンを魅了してきました。ところが、ボディスーツがブカブカになってしまうほど痩せてしまっていて、微調整するのでは不可能だったといいます。それだけ長い間、体調不良に苦しんでいたということではないでしょうか。

 にもかかわらず、わずか3か月ほどでの復帰となったのは、今回の『FNS歌謡祭』の視聴者の声にもあるように『劇場版 ルパンの娘』の宣伝のためと見るのが自然な気がしますよね……」(前同)

■休養を経て、深キョンの考え方が変わった!?

 休養を経て、深田の考えにも大きな変化が生じたと言われている。

「今までは“ここまで育ててくれた事務所のために”という思いで忙しいスケジュールを必死にこなしてきたという深田さんですが、体調を崩したことで自身の健康やプライベートをより意識するようになったといいます」(前出の芸能プロ関係者)

 6月3日発売の『週刊文春』(文藝春秋)では、休養前の深田は多忙を極め、主演ドラマ、映画に加えてCM撮影や番宣の仕事、さらには12月には主演舞台も控えていたと報じていた。

「1日10時間以上も働く日々が2週間ほど続き、睡眠時間がまともにとれない時期もあったそうですからね。以前は体に無理をさせて働いていた深田さんですが、体を壊して、医者から病名を告げられ治療をしていく中で、考えが変わったのかもしれません。そして、芸能活動は再開したものの、『FNS歌謡祭』での様子を見ると本格復帰はまだ難しいと感じられますよね。

 また、ここ最近は事務所サイドに反抗的な態度をとることもあると聞こえてきています。そのため、長期の契約となる新規のCMの話は難しくなってきているようです。事態はなかなか深刻なようで、事務所サイドとの関係がこれ以上こじれてしまえば、独立や、最悪の場合、引退の可能性もありえると聞こえてきています」(前同)

 深田には、かねてより交際している不動産会社・シーラホールディングスの杉本宏之氏(44)との結婚も秒読みだという報道もあった。

 6月23日にイベントに登壇した杉本氏は取材陣から「プライベートで支えたい人がいるか」と質問を受け、「はい。お答え難しいんですけど、支えていきたいですね」と、深田との交際を事実上認めた。

「杉本氏も覚悟を決めている。また、深田さんも休養を経て、健康やプライベートを重視するような考え方に変わっているのであれば、結婚もいよいよ近いのではないでしょうか。一部では来年にもゴールインするのではないかとも言われています。事務所からの独立話も浮上しているといいますが、結婚をして、“電撃引退”という可能性もあるのかもしれませんね……」(同)

 仕事に復帰したばかりの深キョンだが、決して無理はしないでほしい!

関連リンク

  • 10/7 11:52
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • そっと、見守るってのが一番だと思う。 本人も気づいてないわけじゃないと思う

  • TAMAちやん

    10/8 9:21

    またこうやって騒ぐ事が、本人にとって苦痛なのがわからないのかな?

記事の無断転載を禁じます