勝地涼&ケンコバ、歴史上の人物の末裔を見極められる?

拡大画像を見る

勝地涼とケンドーコバヤシが、10月8日に放送される『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ系、毎週金曜23:00~)に出演する。

同番組は、世界各地の最新ニュースや、日本で論点となっている問題を、有識者たちが独自の視点から読み取り、思わず“脱力”するような切り口で解説するニュースバラエティ。MCはアリタ哲平ことくりぃむしちゅーの有田哲平が務め、キャスターを小澤陽子アナが、全力解説員として出口保行と齋藤孝が出演する。

特集のテーマは、「緊急企画“あなたのリテラシー力をジャッジ!”」。SNSの発展によって膨大な情報が飛び交っている現代社会では、フェイクニュースの拡散が世間の混乱を招くこともしばしば。昨年起こった“トイレットペーパー不足”の騒動も、そもそもはSNSのデマが発端だった。そうした状況を受けて、近年ますます重要視されてきているのが、“メディアリテラシー”。今の時代を生きる上で、メディアが発信する情報を正しく読み解く力は、もはや欠かせないものとなっているのだ、そこで今回は、脱力メンバーのリテラシー力を検証すべく、「メディアリテラシー見極めテスト」を行うことに。

かくしてスタジオには、ジャンルごとに3人の人物が登場し、「この中に1人だけ“本物”がいる」という3択クイズを実施。「本物の歴史上の人物の末裔は誰?」といった見極めに、勝地、ケンコバ、解説員の出口と齋藤が挑戦する。だがしかし、出題が進むうちに、予期せぬトラブルが発生。アリタはとっさに機転を利かせ、ピンチを乗り切ろうとするのだが?

そしてエンディングでは、ケンコバがなすすべもなく立ち尽くす!?

なお前回の放送には、山口紗弥加と出川哲朗が出演。出川も出演し、雨上がり決死隊が解散報告した『アメトーーク!』のパロディのような展開に。『アメトーーク!』で発言したコメントをカンペで読み上げさせられた出川は、「テレビ史上一番最悪なカンペだぞ!」とスタッフに怒りつつ、「も〜。俺どうすればいいの」と頭を抱えた。

<勝地涼 コメント>
――『全力!脱力タイムズ』初登場の勝地さん。初めての収録はいかがでしたか?

正直に告白すると、途中、ある場面で心が折れてしまいまして……(笑)。実は最初、このシーンのためにいろいろと策を練っていたんですよ。ただ、それをやってしまうと、番組の流れが台無しになってしまうかなと。有田さんやケンコバさんから“ルール守れよ”って言われちゃうんじゃないかと心配になってきて(笑)。それで思い切って、全部アドリブで行くことにしたんですけど、結果、見事に大失敗という……本当に悔しいです!(笑)。

――逆に、今回の収録で「ここはうまくできたな」というところは?

ありません!(笑)。本当に、ひとつもないです。何かコメントするときも、“とにかく、これだけは言わなくちゃ”っていうことで頭がいっぱいになってしまって。今思うと、僕が何か一言しゃべって、有田さんが反応したら、それに対してまた僕がしゃべって……という風に、もっとしっかり掛け合いをするべきだったのかなと。もうつくづく反省することばかりで……でも、とても貴重な経験をさせていただけたと思っています。楽しい時間を過ごさせていただきました。

――ケンドーコバヤシさんの印象は?

尊敬の気持ちしかないです! だってケンコバさんは、台本をもらってないんですよね? 全く流れを知らない中で、あんな風にちゃんと立ち回れるなんて信じられないです。

――では、視聴者の皆さんへメッセージをお願いします。

僕から言えるのは、“心が折れてボロボロになった勝地涼を見てください”ということだけです(笑)。あと、番組のスタッフの皆さんには、“できたらまたゲストに呼んでください”と言いたいです。ぜひリベンジさせてください!(笑)。

関連リンク

  • 10/7 11:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます