大好きな彼を支えてあげよう!体調が悪いときの男性心理4つ

拡大画像を見る



体調が悪いときというのは、誰かに支えてもらいたいと考えるものです。普段しっかりしているひとが、弱々しくなっていたらなんとかしてあげたいと考えるのが普通です。


看病してほしい

体調が悪いということは、本来自分でできることに対しても上手くいかないという表れです。自分自身が動ける状態であれば、看病してほしいという感情は生まれませんが、普段とは違う体のだるさからしてもらいたいと思う感情が生まれるのです。
誰だって体調が悪いときは、相手に寄りかかっていたいと思うのは当然のことであり、当たり前ながらその感情というのは安心して頼れる相手だからこそお願いしたいと思うのです。


優しくされたい

身体が辛いときこそ、優しくされたいと感じるものです。優しいというだけで気持ちが和むものであり、好きだからこそ優しさがありがたく感じます。誰だって身体が弱っているときは、心も辛い状態なのです。
特に男性は女性よりも、身体の不調を感じると心も敏感に動きやすいものなのです。優しくされたいのだと、彼の気持ちを理解して行動してあげることが何よりも重要です。


甘えたい

男性の気持ちの中で、身体がだるかったりすると誰かによりかかって甘えたいという感情になります。甘えたいというのは、男性の中でほとんどの方が感じるものです。
普段クールにしている男性が、身体の調子が悪いこのときだけは、甘えん坊に変身します。いつもとは違う彼に、少しびっくりするかもしれませんが、甘えるというのはそれだけ信頼関係が成り立っている証拠なのです。


わがまま

まるで子供のように、身体に不調を感じるとわがままになってしまうものです。いつもとは違う彼に思わずドキッとすることもあるはずです。
わがままを普段から言われていれば、その差をあまり感じることはありませんが、いつもとは違う彼ならそれだけ身体にダメージを受けているのだと思って対応してあげるべきです。


まとめ

男性は女性以上に病気になると弱いものです。身体がおかしいというだけで、助けてほしいと甘えん坊になるのです。大好きな人が、普段とは違う甘えん坊になっていたら可愛いと感じてしまいます。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/7 11:01
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます