ISSAの良き夫ぶりに松本人志も感心!遊び人時代の"痛い目”から学んだ!?

拡大画像を見る

 ダンス&ボーカルグループ・DA PUMPのリーダーのISSAが10月1日「人志松本の酒のツマミになる話」(フジテレビ系)に出演。自身の妻に対する感謝や気配りを明かした。

 番組中、ゲストとして出演した女優の小沢真珠が「妻の手料理に意見をハッキリ言う?」と話題を振ると、ISSAは「僕言います! 全然言います!」と断言。「たとえスーパーで買った物であろうが、別に僕はもう(構わない)。今日、この、自分のために用意してもらったことがうれしいことじゃないですか」と“美味しかった”ことをアピールすると語った。

 ダウンタウンの松本人志が「美味しくなかったら?」と聞くと、ISSAは「美味しくないことがない」と断言。ISSAはさらに「やってもらってるってだけでうれしいんですよ。自分みたいなもんの歴史を、デビューしてからの歴史を知っている人間が、自分みたいなもんに愛情注いでくれてる時点でOKなんですよ」と妻への感謝を表すと、ゲストのさまぁ〜ず・大竹一樹は思わず「どんな罪を犯したの?」とツッコミ。松本は「偉い、いやかっこいいね。なんか学びたい」と感心していた。

 ISSAはその後「朝起きて最初にすることは?」というトークテーマで、平日は妻と娘が起きる30分前に起床して、おもちゃを片付け、空調も整えていることを告白。理由として「起きた時に嫁さんが一番気持ちいい状態で迎えられることを考えたいなと思っているんですよ」と語り、再び大竹から「どんな罪を犯してきたの?」とツッコまれていた。

 ネットでは《愛妻家アピールする人って胡散臭い》といった声もあったが《ISSAは変わった。年齢を重ねて人間的にも更に素晴らしくなった。同世代として尊敬しかない》《失礼ながら若い頃は遊び人のイメージでしたね。でもいろんなお付き合いの中で、傷付け、傷付きいろんなことを学んだんでしょう。思いやりが素晴らしいです》《過去、色々やらかしちゃっているけど、反省してちゃんとしているの、偉いね。幸せな家庭に恵まれて、本当によかった》など賞賛の声が多数あがった。

「ISSAは独身時代、遊び人として知られ浮名を流した女性芸能人だけでも上原多香子、柴咲コウ、宮沢りえ、あびる優、伊東美咲、藤井リナ、増田有華など多数。中でも増田有華との熱愛が報じられた際、ISSAには婚約者がいましたが、後に婚約破棄となってしまいました。また現在の妻が妊娠中だった19年3月にも本人は不貞を否定しましたが、ホステスとのデートが報じられています」(芸能記者)

 女性の扱いに慣れており、痛い目にも合ったISSA。その経験があるからこそ、現在の良き夫になることができたのかも!?

(柏原廉)

関連リンク

  • 10/7 10:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます