テレビ朝日「美脚も楽しみ」米倉涼子『ドクターX』もランクイン!「注目の秋ドラマ」トップ3【ランキング】

拡大画像を見る

 先月下旬から秋ドラマが続々スタートしている。今期もキャスト、内容ともに豪華な新ドラマが勢ぞろい。テレビ朝日系では『ドクターX』シリーズ、『相棒』シリーズ、『科捜研の女』シリーズという長きにわたって愛されている大人気シリーズの新シーズンも放送される。そこで今回は10~50代の女性200人に「楽しみな秋ドラマ」についてアンケート。みんなの期待値が高かったのは!?

 第2位には、『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)、『日本沈没-希望の人-』(TBS系)が同率ランクイン。

『ドクターX』は、主演の米倉涼子演じるフリーの天才外科医、大門未知子が大病院の権威に立ち向かい、患者たちを救うストーリー。「私、失敗しないので」と、成功困難な患者の手術を次々成功させ、力にこびない未知子はまさに爽快。今回は、100年に1回のパンデミックで医療崩壊が起こる中、疲弊した医療界で未知子が困難に挑む。

 このドラマには「今までの伏線をどう回収していくのか気になる。また米倉涼子さんの演じる主役の私失敗しないのでがまた聞けると思うと楽しみ」(22歳/女性/学生・フリーター)、「シリーズを通して好き。大門先生の美脚も楽しみです」(16歳/女性/学生・フリーター)、「大門道子がかっこよすぎて気持ちがいい。毎回面白いので、今回もどんなすごいことをやってくれるのかと期待大」(51歳/女性/主婦)、「定番で安心感があり、あまり考えずに見られる。未知子といつものメンバーとの掛け合いも楽しみ」(36歳/女性/営業・販売)など、シリーズ通してのファンが多かった。

 一方の日曜劇場『日本沈没』は、主演の小栗旬演じる環境省官僚が日本の未曾有の危機に立ち向かうストーリー。小栗の盟友である経産省官僚に松山ケンイチ、小栗の不正を疑う記者に杏、日本の「沈没」を警告する地震学者に香川照之など、キャストの豪華さも目をひく。前期の鈴木亮平主演日曜劇場『TOKYO MER』が好評だっただけに、小栗の奮闘にも注目が集まっている。

 このドラマを選んだ人からは、「題名から興味をそそられる。メンバーが映画並みに豪華」(28歳/女性/企画・マーケティング)、「映画版を見たことがあるので、ドラマ版ではどんな感じになるのか楽しみ」(16歳/女性/学生・フリーター)、「演技力のある俳優さんなので小栗旬くんのファンです。また久しぶりのマツケンも楽しみです」(46歳/女性/主婦)、「映画版がよかったのでドラマはどうなるか気になっている。スケールの大きな話なのでどう描くのかも期待してます」(50歳/女性/総務・人事・事務)、「非常事態を乗り越えるシーンが見もの」(51歳/女性/主婦)など、さまざまな理由が挙がった。

■前作からの展開に期待

 そして第1位は、『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系)。

 窪田正孝主演で、2019年に放送されたドラマの続編。窪田演じる天才放射線技師と放射線科の仲間たちが、検査画像から患者の病やケガの根源を探るために奮闘するストーリー。前作に引き続き、窪田の幼なじみの放射線科医を本田翼、同僚技師の広瀬アリス、遠藤憲一、山口紗弥加など、なじみのメンバーが出演する。

 このドラマを選んだ人からは「前回シーズンが面白かった。しっかりとした中身のあるドラマなので楽しみ」(29歳/女性/弁護士)、「実際の病気の診断が、放射線技師の活躍で分かるのが痛快」(47歳/女性/主婦)、「主人公はどうなったのかなど前回の続きが見たい。窪田くんが本当は医師免許を持っているとバレた状態からどういうふうに活躍していくのか気になる」(25歳/女性/学生・フリーター)、「ドキドキハラハラが止まらないから。窪田くんが役にぴったりでかっこいい。あんな技師さんがいて、病気を見つけてくれればなと期待してしまう」(54歳/女性)、「窪田くんと翼ちゃんの恋が進展するのかが楽しみ」(40歳/女性/主婦)など、さまざまな期待の声が上がった。

『ラジエーションハウス』は、第1話が10月4日に放送され、初回の平均世帯視聴率が11.3%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)と好調なスタートを切った。他のドラマもまだまだこれからスタートする。ぜひ気になったドラマをチェックしてみてほしい。

関連リンク

  • 10/7 8:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます