田中圭「二日酔いで激怒」の石原さとみ事務所に落とされていた!アマすぎインタビューに非難殺到も…2022年4月「TBS火10」出演「連ドラオファーが止まらない」!!

拡大画像を見る

 10月5日に放送された『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)に田中圭(37)が出演し、過去にオーディションで落とされてしまったエピソードを語った。

 MCの中居正広(49)から、「役者さんをやってみようかなとか思ったのは、いつくらい?」との質問を受けた田中は、「母親がオーディションに応募していて。落ちちゃったんですけど、そこの審査員の方が後日連絡をくれて“違う事務所でやってみないか?”って」とオーディション落選を経て、役者への道につながったと語った。

「田中のエピソードを聞いた中居は、“外した人どう思ってるんだろうね? 外したところの事務所はどこだったか覚えてる?”と食いつきました。これに田中は“覚えている”と話すと、隣の席に座っていた石原さとみ(34)を指して、“ここの事務所”と石原の所属事務所であるホリプロに落とされていたことを明かしました」(テレビ誌ライター)

 そんな田中と石原と言えば、昨年7月発売の『女性セブン』(小学館)で、当時放送されていた『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系)の撮影現場に二日酔いで来た田中に、石原が怒り、「集中してくださいよ」と注意したと報じられている。

「過去に注意したことも頭によぎったんでしょうか、自身が所属する事務所に田中が落とされていたと聞いて石原は、“嘘! ホリプロ! ちょっと! 本当に?”と心底驚いてるようでしたね」(前同)

■逃した魚は“大きくなかった”?

 今やドラマに映画に引っ張りだこの田中を落としてしまったとあれば、事務所にとっては痛恨と言える話かもしれない。

「逃がした魚は大きい、のかもしれませんが、田中の“リスキーな一面”も考えたら、100%そうとも言えないでしょう。

 10月5日に『Yahoo!ニュース オリジナル 特集』で、彼のインタビュー記事が配信されたのですが、そこで田中は、“僕は自分が『田中圭』だっていうことを、けっこう忘れがちです。なんというか、どこまでいっても『いえ、ただの人ですから』みたいな感じが抜けきらない。だからどうしても、隙を見せがちになってしまうんです”“今後はもうちょっと隙を見せないようにというか、気を引き締めて生きてやろう、とは思っています”と、自身の脇の甘さを認めるような発言をしています」(夕刊紙デスク)

 田中の、自身が痛感している“隙”は、過去の数々の報道からも明らかだ。

 2018年11月の『女性セブン』は、田中は立ち寄った雀荘で1000点100円(=テンピン)で、見知らぬ人を相手に麻雀に興じて、5000円勝って店を出たと伝えた。

 その後、2020年8月3日には、田中が酒に酔ってタクシーの料金を支払えなくなり、警察に保護されていた、と同年9月の『NHKニュース』が報道。

 最近では2021年7月29日発売の『週刊文春』(文藝春秋)が、田中の住む東京都にまん延防止等重点措置が敷かれている最中、彼の仕事部屋で、20人超が参加した誕生日会が行なわれたと報じている。

■危うい報道があっても…2022年『恋つづ』枠に出演へ

 前出の夕刊紙デスクは言う。

「麻雀で詰められるのは少々キツい気がしますが、タクシー代も払えないほどの泥酔、コロナ禍での大人数での誕生日会は、まさに脇が甘いですよね。田中に、そうしたスキャンダラスな報道が度々あるせいか、10月5日のインタビュー記事には、“自分に甘いとロクな事にならない”“お年の割に『しっかりしてない』イメージがある方ですよね”など厳しい声が多数寄せられています。

 また、田中は同インタビューで、“仕事だけはちゃんとするから、ほかはすいません、っていう”“これだけはとことん頑張るから、こっちはちょっとくらい甘やかしてくれよ、神様、という気持ちですかね”とも語っているのですが、こうした発言についても、“二日酔いで顔もむくんでる状態で仕事に来る人はしっかりしていないと思う”“パーティしたり先日の二日酔いの状態で撮影に来たりという話を知ってると、ちゃんとしてるというのも怪しいと思ってしまいます”など、辛辣な意見が寄せられてしまっています。

 役者として大活躍している田中ですが、私生活の良くない数々の報道の影響もあって、彼に対する世間の目は厳しいようです。今はコンプライアンスが非常に重要な時代ですから、石原の事務所としても、取らなくても良かった、と考えているかもしれませんね」

 Yahoo!インタビュー記事に対しては、厳しい声が多く寄せられている田中だが、俳優としての活躍ぶりは変わらないようで、10月15日からは放送延期となっていたドラマ『らせんの迷宮〜DNA科学捜査〜』(テレビ東京系)がスタート。出演映画も10月29日に『そして、バトンは渡された』、12月10日には『あなたの番です 劇場版』と2作の公開が控えている。

「田中さんは、2022年も引っ張りだこのようですよ。来年4月期には『恋はつづくよどこまでも』や『私の家政夫ナギサさん』が放送されたTBS火曜22時台の連続ドラマにもキャスティングされているといいます。

 少々危うい報道が出ることもある田中さんですが、俳優としての実力は確か。決定打となるスキャンダルも今のところないですし、まだまだ業界での田中さん人気は続くでしょう」(ドラマ制作会社関係者)

 しっかり「気を引き締めて」いれば今後も安泰!?

関連リンク

  • 10/7 7:50
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます