デートでミニスカートをはくときの注意点9パターン

男性から好まれるミニスカート。しかし、気になるのはミニスカートをはいて街に出た時の視線は気になるもの。では一体、実際にミニスカートをはく場合には、どのようなことに注意すれば良いのでしょうか。そこで今回は、「デートでミニスカートをはくときの注意点9パターン」を紹介します。

【1】足を閉じて座ること。
真正面にいる人は目のやり場に困ります。基本的な動作と言えるでしょう。

【2】座るときはハンドバッグを乗せること。
バッグを乗せて、パンチラを徹底的に防ぎましょう。

【3】エスカレーターの乗りはじめから、後ろをガードすること。
エスカレーターに乗っている途中でガードした場合、真後ろにいる男性が、「お、俺、、、見てないし!ホントに。」と慌ててしまいます。

【4】ガードレールをまたがないこと。
パンツが丸見えになります。

【5】自転車は乗らないこと。
男性にとって、ペダルを漕ぐ度にサービスタイムとなります。

【6】持ち物を落とさないように注意すること。
モノを取るためにしゃがむことで、パンツが見えるリスクが高まります。

【7】ミニスカートを履く女性が少なくとも、気にしないこと。
自信を持つことで、よりいっそう足をキレイに見せることができるでしょう。

【8】転ばないように前を向いて歩くこと。
転んでしまった場合、パンツスタイルと異なり、擦りむき、血を流すリスクが増大します。

【9】「風」を察知すること。
吹き上がり風によって、パンツが見えてしまう可能性があります。風の予兆を感じましょう。

ミニスカートを履く上で、ほかにはどのような注意点があるでしょうか。みなさんの意見をお待ちしております。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/7 7:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます