「ケンティーは今たぶん鏡しか見てない。もっと本気出せ」Sexy Zone中島健人の“俳優としての師匠”佐藤健の刺さりすぎる言葉

拡大画像を見る

 10月3日放送の『日曜日の初耳学』(TBS系)の人気企画「インタビュアー林修」で小栗旬(38)が俳優人生の転機やエンタメ業界の未来について語った。小栗といえば、10月期放送のドラマ『日本沈没-希望の人-』(同局系)でも主演を務めることが決まっている。

 小栗は、1998年にはドラマ『GTO』(フジテレビ系)で連続ドラマの初レギュラーを獲得。2005年放送の『花より男子』(TBS系)で一躍ブレイクし、日本を代表する俳優へと上り詰めた。それまでは繊細な役が多かったというが、2007年公開の映画『クローズZERO』で不良役を演じて以来「弱くて繊細な役みたいなのはあまり来なくなりましたね」と語り、「クローズという作品で、たぶん自分の人生も変わったんだろうなというところは感じます」と続けた。その後、2015年のドラマ『ウロボロス~この愛こそ、正義。』(TBS系)ではアウトロー役を熱演。2017年には漫画原作の映画『銀魂』のコミカルな役など、『花男』の頃のような二枚目役は減ったという。

 この話を受け、スタジオで千原ジュニア(47)が「ケンティーは何なの? 一番ゲートが開いたというか」と、中島健人(27)の役者としての転機について質問。

 中島は「25歳のときに、全然ドラマとか映画の仕事が来ない時期があったんですよ。暇だなっていう時期があって」と、周囲のジャニーズが映画などで活躍することに焦りを覚えていたと告白。そんなときに佐藤健(32)と出会い、「俺がジャニーズだったら、もっと本気を出してる」「ケンティーは、今たぶん鏡しか見てない。もっと本気出せ」と激励されたと明かした。中島は「目が覚めましたね」と続け、「恩人ですね。僕の中で俳優としては健さんが師匠ですね」と語った。

■「さすが」「スッと受け入れるケンティの姿勢もいい」

 中島と佐藤の意外な関係に、視聴者からは「健さん、かっこよすぎだよ」「健くん、さすが!」「そしてスッと受け入れるケンティの姿勢もいい」「やっぱスターは努力してるわ」「ケンティ、カノキレの演技とかヤバかったし、新境地開いた感はあった」など、さまざまなコメントが上がった。

 中島のみならず、佐藤から影響を受けたと語った俳優は他にもいる。現在公開中の映画『護られなかった者たちへ』で佐藤と共演した阿部寛(57)は、佐藤の現場での集中力を絶賛しつつ、「とてもいい影響を与えてもらいました」とコメント。

 2017年公開の映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』で佐藤の相手役を演じた土屋太鳳(26)も、17歳の頃に共演してから影響を受け続けているといい、映画の撮影では演技の相談をして、稽古につきあってもらったり、支えてもらったと明かしていた。

 また『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)で佐藤と共演、その出演がきっかけでブレイク中の渡邊圭祐は、『anan web』で佐藤について「探究心が強く、知識の深さがとてつもない」「発する言葉が少なくても説得力を持っている」「視野の広さ、ペースを乱さず歩みを進めるスタンスに憧れを抱きます」と語っていた。

 大人気の佐藤だが、その魅力はアイドル、俳優仲間をも魅了するようだ。

関連リンク

  • 10/7 7:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます