安住紳一郎アナ・TBS『THE TIME,』「呪い枠」、谷原章介・フジ『めざまし8』「地方から猛追」、加藤浩次・日テレ『スッキリ』「急落崖っぷち」!「情報番組&ワイドショー」キャスター戦線「異常アリ」【朝編】

拡大画像を見る

 秋の改編期を迎え、新番組のスタートや既存の番組のリニューアルが行なわれている。そんな中、スタート前から特に注目を集めていたのがTBSの朝の情報番組『THE TIME,』だろう。

 MCを同局のスーパーエース・安住紳一郎アナウンサー(48)と香川照之(55)が務め、番組には第一線で活躍するディレクターや記者が集結。TBS社内の至るところに番組ポスターが掲げられ、局が社運を賭けていると言われている番組だ。

 月~木曜のMCを安住アナが、金曜のMCを香川が担当することが発表されていたが、10月1日の初回放送には2人がそろって出演。同日の午前7時台の平均世帯視聴率は6.5%(すべてビデオリサーチ調べ、関東地区)、個人視聴率は3.4%と好スタートを切った。

「しかし、週が変わり10月4日の午前7時台の世帯は4.8%、個人は2.7%という数字で、5%を割ってしまいました。翌日の5日も世帯4.9%、個人2.6%。初日の数字は“ご祝儀視聴率”だったわけですが、そのご祝儀もたった1日で終わってしまった。

 前身番組である、夏目三久さん(37)の『あさチャン!』もそうでしたが、TBSの朝の番組はここ数年、まったく視聴率を取れていないんです。『THE TIME,』の枠は“死に枠”と言われていました。安住アナもMC就任には難色を示していましたよね」(制作会社関係者)

 10月3日放送のラジオ番組『安住紳一郎の日曜天国』(TBSラジオ)では、アシスタントの中澤有美子アナ(46)が「おめでとうございます」と『THE TIME,』スタートを祝福。

 これに安住アナは「いえ、まったく」と応じ、「みなさんは“おめでとうございます”と言ってくださるんですけど、私は決して希望していったわけではございませんので。むしろ泣く泣く」と明かし、笑いを誘った。

 さらに「あまり理由を知らない人が“念願の!”なんて言うから、“念願じゃねーよ”って思って、泣く泣くいろいろ事情を汲み取っていってんだよって」「私、朝の帯に希望して行ったわけじゃありませんからね。泣く泣くですよ。最後の最後まで抵抗したんですから」とぶっちゃけた。

■「TBSの朝の呪い」は安住紳一郎アナをもってしても振り払えない!?

「局には2時に入るような昼夜逆転の生活になるわけですから、生活リズムが崩れることが嫌だったというのもあるかもしれませんが、“死に枠”を担当することもキツいと思っていたのではないでしょうか。『THE TIME,』を成功に導いたら、安住アナは役員に昇格という記事もあります。

 ただ、朝の番組というのは各家庭、視聴者それぞれに“視聴習慣”がついてしまっていますから、新番組を継続して見てもらうのは難しい。10月1日は“初回だからとりあえず見てみよう”という人が多かったんでしょうね」(前出の制作会社関係者)

 スーパーエースの安住アナをもってしても「TBSの朝の呪い」はなかなか振り払えないということか。

「ただ、番組はまだ始まったばかり。TBS上層部も“安住ならやってくれる”と期待しているでしょう。スタジオを立体的に使った演出、全国をつなぐ中継など、他の番組と差別化できる要素も多々ありますから、視聴率は徐々に上がっていく可能性もありそうです」(前同)

 朝の情報番組では、極楽とんぼの加藤浩次(52)がMCを務める『スッキリ』(日本テレビ系)が、谷原章介(49)がMCを務める『めざまし8』(フジテレビ系)に視聴率で逆転されたことも話題になった。

『めざまし8』は9月23日の放送で平均世帯視聴率7.1%を記録。3月27日に番組がスタートして以来、初の同時間帯民放2位となるもので、同日のテレビ朝日系『羽鳥慎一モーニングショー』が10.9%、『スッキリ』は6.9%だった。

「テレビ各局が重視している13~49歳のコア視聴率はまだまだ『めざまし8』よりも『スッキリ』ほうがいいんです。ただ、『スッキリ』は5月中旬から明確に世帯視聴率を落としているんです。

 これまで7~8%台を推移していましたが、ここ最近は6%台が多く、5%台に下落する日もあるほど。『スッキリ』にはここのところ、“トラブル”が相次いで起こっていましたから、その影響もありそうです」(同)

■MC加藤浩次は契約解除……『スッキリ』に相次ぐトラブル

 3月12日の番組内ではアイヌ民族を傷つける不適切な表現があり、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は7月21日、「明らかな差別表現を含んだもの」として放送倫理違反があったとする意見書を公表した。

 また、7月28日に行なわれた東京五輪の卓球・女子シングルス準々決勝で、試合中の伊藤美誠選手(20)が報道陣のライトの眩しさを指摘したが、これも『スッキリ』のクルーだったことが明らかになった。

 さらに、3月26日の放送をもってサブMCを務めていた水卜麻美アナ(34)とハリセンボンの近藤春菜(38)が『スッキリ』を卒業。MCの加藤も3月末に吉本との専属エージェント契約を解除され、フリーになったことも当時大きく報じられた。

「一連の出来事があり、『スッキリ』に“逆風”が吹いているのは明らかです。加藤さんも契約解除となり、大手事務所のサポートも得られなくなったためパワーダウンは必至。そんな中、『めざまし8』が『スッキリ』に迫ってきている、ということですよね。世帯視聴率だけを見てみれば、両番組にほとんど差はありません。

 さらに地方では加藤さんの地元・北海道エリア以外、東海、関西、九州エリアの世帯視聴率では『めざまし8』のほうが勝っているんです。谷原さんの『めざまし8』がお茶の間に徐々に浸透し、半年で結果が出てきていると言えそうです」(前出の制作会社関係者)

■谷原章介は俳優業セーブで“覚悟”のMC就任

 谷原がMCを務めた『パネルクイズ アタック25』(ABCテレビ)が、9月26日に最終回を迎え、46年の歴史に幕を閉じた。

「長年愛された番組の終了は谷原さんにとっても寂しいでしょうが、これでより『めざまし8』に専念できるとも言えるのかもしれません。谷原さんもフジテレビの“朝の顔”になるというのは相当な覚悟のもと決断したでしょうし、芸能人生の勝負所だと考えているはずです。

 番組は午前8時のスタートですから、午前5~6時には局入りしないといけない。生活スタイルもすべて番組中心になってきますからね」(前出の制作会社関係者)

 3月27日の『ENCOUNT』のインタビューで谷原は、『めざまし8』への意気込みを語るとともに、俳優業との両立について「番組が始まってすぐはドラマとか映画を一緒にやるのは難しいですが、慣れてくればできると思うんです」「やってやれないことはないかなと。体力の問題もありますけど」とコメントしている。

「しばらく俳優業はセーブしないといけないという覚悟でMCに就任したわけです。それだけ、谷原さんも気合いを入れて番組に臨んでいる。その結果、『めざまし8』は『スッキリ』に迫る数字を取るようになった。特に地方での人気は凄く、関東でも今後、さらに勢いに乗っていくかもしれませんね」(前同)

■羽鳥慎一は世帯視聴率で“独り勝ち”

 加藤と谷原がしのぎを削る中、絶好調なのが羽鳥慎一(50)の『羽鳥慎一モーニングショー』だ。

「テレビ朝日の多くの番組がコア視聴率はそれほど取れていません。『モーニングショー』も同様です。ただ、世帯視聴率は圧倒的でシニア層をガッチリつかんでいる。世帯で10%を超える日も多々ありますし、10月1日には11%を超えましたからね」(民放キー局ディレクター)

 9月末から10月第1週目にかけては、新型コロナウイルスの緊急事態宣言の全面解除、自民党総裁選など、社会に大きな動きがあった。また、秋篠宮ご夫妻の長女・眞子さま(29)と小室圭さん(30)の結婚の話題も注目を集めた。

「シニア層が関心を示す話題があると、ただでさえ強い『モーニングショー』はさらに視聴率を伸ばすんです。ただ、コア視聴率は低い。

 午前8時台の情報番組は、『モーニングショー』世帯視聴率でトップを走り、『スッキリ』と『めざまし8』がコア層を狙いつつ、世帯視聴率でもしのぎを削る、という構図がしばらく続くのかもしれません」(前同)

 安住アナは『THE TIME,』を軌道に乗せることができるのだろうか。そして、午前8時台の視聴率戦争は今後どうなっていくのか――注目が集まる。

関連リンク

  • 10/7 7:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます