西島秀俊&内野聖陽「大好きな人と京都来た!るん!」、2人っきりで自撮りデート敢行

拡大画像を見る

 俳優の西島秀俊(50)、内野聖陽(53)が6日、都内で行われたW主演映画「劇場版『きのう何食べた?』」(11月3日公開)の完成報告会に共演の山本耕史(44)、磯村勇斗(29)、SixTONES・松村北斗(26)らと登場した。

 2019年にテレビ東京系で放送された大人気深夜ドラマの劇場版。弁護士シロさん(西島)と恋人ケンジ(内野)のほろ苦くも温かい毎日と食卓を描き、終了後は“何食べロス”に陥る人が続出した。待望の映画化に、内野は「深夜にひっそりとゲイのカップルをやってるつもりでいたのに、こんな華やかな舞台に立たせていただき感無量です」と、ファンへ感謝した。

 西島と内野は京都ロケで、2人っきりの自撮りデート撮影を敢行したといい、西島は「幸せな感じが印象深い」と笑顔。コロナ禍で観光客も少なくスムーズに撮影でき、内野は「『大好きな人と京都来た!るん!』とラブラブな感じで、すてきな西島さんをたくさん撮りました」と、幸せそうに振り返った。

関連リンク

  • 10/7 5:59
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます