尾碕真花 秘儀“一本足投法” DeNA-阪神戦始球式でワンバウンド始球式

拡大画像を見る

 女優の尾碕真花(20)が6日、神奈川・横浜スタジアムで行われたプロ野球・DeNA-阪神戦で始球式を行った。リズムを取るように5~6秒間、小刻みに上げた左足を揺らす“一本足投法”から大声を発して投げたボールは、わずかに届かずワンバウンドでミットに。

 「人生初の始球式で緊張して上手くいかなかったですが、皆さんが見守ってくださる中、いい球が投げられたと思います」とコメントした。

関連リンク

  • 10/7 5:59
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます