「言葉で言わなくても伝わってほしい!」彼からの好きサイン4選

拡大画像を見る



口下手な男性は、なかなか恥ずかしさから女性に好きと言葉で伝えることが苦手であり、実際言葉で言わなくても行動でわかることもあるのです。
では、男性が行動で示している好きサインとはどのようなことが挙げられるのかお話します。


目をそらす

もしかして嫌われているのかな?と心配になる行為ですが、目が合うというのはそれだけ見ているということです。目を合わせないのは、見ていることがバレたくないからこその行為であったり、また目が合ってすぐそらす行為も同様です。
そして、会話の際に目を合わせないのはドキドキして緊張している証拠と言えます。


照れる

誰だって褒められたら嬉しいものですが、相手が好きな人なら尚更嬉しく、そして照れてしまいます。褒めて耳が真っ赤になる男性が多いのもその一つです。
見ている女性側もわかりやすい行動の一つであり、思わず女性も可愛く感じからかってしまいがちですが、彼の心がそうさせた行動ですから気づいていないふりをするべきです。


触れてこない

普通なら触れなきゃおかしいのにといった際にも、肌に一切触れないのは好きになっている証拠です。感情がなければ、できるスキンシップ程度のボディタッチすらもさけます。
女性側からすると嫌われているのかな?と感じますが、実は緊張からくる行動の一つであり、好きなあまりしてしまうようです。
男性の心と行動は女性にとってときに、理解しにくいものと言えます。


会話が続かない

普通に会話しているだけなのに、声がボソボソと小さくそして言葉に詰まる彼は、好きな証拠です。普段、自分以外の相手には大きな声でハキハキと話すのに対し、こんなにも自分への態度が違うものなのかとびっくりしてしまいますが、言葉に詰まるのは好きなせいです。
緊張で言葉が出ないといったことが試験や面接などでありますが、まったく同じ心理状況と言えます。


まとめ

男性の好きになったらする行動は女性にとってわかりにくく、そして学生時代ならわざわざちょっかいをかけてくる男子に実は好かれていたなんてことも少なくないはずです。
嫌われていると誤解する前に、もしかしたらと男性の気持ちを汲み取ってみると良いかもしれません。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/7 6:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます