保育園の庭を見つめるホワイトタイガー 隣人の巨大なペットに園や保護者も困惑(南ア)

拡大画像を見る

ホワイトタイガーがペットとして飼われていることは、9月末に保育園の庭を見つめるホワイトタイガーが目撃されたことから明らかになった。その日以来、保育園では園児を庭で遊ばせることをやめた。

このホワイトタイガーの飼い主は保育園の隣に住むマシュー・クルーガーさん(Matthew Kruger)とアネリーン・クルーガーさん(Anneline Kruger)で、ソーシャルメディア「TikTok」にもホワイトタイガーの様子を投稿していた。どうやら2頭のホワイトタイガーがいるようで、広大な庭で2頭がじゃれ合ったり、ジャングルジムで遊んだり、プールで遊んでいる。またお風呂で洗ったり、飼い主とベッドで一緒に寝ているところも見られる。さらに彼らの投稿によると、ホワイトタイガーだけでなく外来種と思われるサルも飼っているようだ。

問題なのは彼らの家が、保育園の横にあることだ。保育園の関係者は『TimesLIVE』の取材に対して「隣家のフェンスは飛び越えることが可能な高さで、うちにジャンプしなかったとしても他の家に入り込むかもしれない。向かいには老人ホームもあり、この通りだけで学校が4か所ある。このエリアに暮らす人々にとって非常に危険な場所になってしまった」と語っている。さらにこの件を保護者に伝えたところ、我が子を休ませる親が増えてしまったため、経営に打撃を受けているという。

動物愛護団体「SPCA」では「外来種や野生動物をペットとするべきではない」と主張しているが、同団体は野生動物の所有権に関する許可を発行する責任はなく、ハウテン州農業農村開発省下にある自然保護部門が担当しているとのこと。彼らは近隣の学校から子供の安全が脅かされているという報告を受けたので調査し飼い主に警告したものの、それ以外は何もできないそうだ。

一方で動物福祉団体「Four Paws」のディレクターであるフィオナ・マイルズさん(Fiona Miles)によると、トラは絶滅の危機にあるものの南アフリカの法律ではほとんど保護されていないという。現在、南アフリカには1500頭ほどのトラがいるが、ハウテン州では個人で飼育しているケースが多いそうだ。ただし犬のように散歩させて他の犬と遊ぶといった社交的な行動はできず、適切な安全措置を取らなければ「住民に危害を加える可能性が非常に高い」とマイルズさんは警告する。

なおホワイトタイガーを飼育しているクルーガーさんらは、敷地内で外来種を育てる規則をすべて順守しており「何ら法律違反をしているわけではない」と弁護士を通して述べている。

この件が南アフリカのニュースチャンネル『eNCA』で報道されると、「野生動物の本能が現われた時、飼い主はどう責任を取るつもりだ」「動物は野生で暮らすのが一番」といった意見があがっている。

画像は『TimesLIVE 2021年10月1日付「Crèche children ‘terrified’ of tigers next door, but it seems no laws broken」』『annelinemattkruger 2021年10月6日付TikTok、2021年10月3日付TikTok、2021年9月26日付TikTok』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 FLYNN)

関連リンク

  • 10/7 5:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます