林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』、美しさ際立つ予告映像解禁

拡大画像を見る

林遣都と小松菜奈がW主演する映画『恋する寄生虫』(11月12日(金)より全国公開)から、予告映像と主題歌アーティストが解禁された。



ウェブ上で作品を発表したことがきっかけで2013年にメディアワークス文庫から作家としてデビュー。2作目の『三日間の幸福』(メディアワークス文庫)が23万部を超えるベストセラーとなり、10~20代をはじめとする若者を中心に絶大な支持を得る作家・三秋 縋(みあき すがる)。2019年には『君の話』(早川書房)が第40回吉川英治文学新人賞候補入りし話題になるなど、いま最も期待を集める新鋭作家の代表作であり、15万部を突破したヒット作『恋する寄生虫』を原案とした映画がついに誕生。極度の潔癖症から誰とも人間関係を築けずに孤独に生きる青年・高坂賢吾役に林遣都、寄生虫が好きで、視線恐怖症に苦しむ不登校の女子高生・佐薙ひじり役に小松菜奈が扮する。


抜群の演技力と人気を誇る林と小松が本作で待望の初タッグ&W主演を果たし、繊細で儚い恋物語を紡いでいく。また2人の運命の出会いに深く関係する重要な役に、味のある演技が魅力の井浦新と石橋凌のベテラン俳優が脇を固める。


監督を務めたのは、CMやミュージックビデオを中心に多岐にわたり活躍を広げ、現在放送中の大河ドラマ『青天を衝け』のタイトルバック映像も手掛ける柿本ケンサク。脚本を手掛けるのは『眉山―びざん―』(07)、『トワイライト ささらさや』(14)の山室有紀子。主題歌は、Spotifyが日本のヒップホップカルチャーを紹介するプレイリスト“+81 Connect”のアンバサダーに選ばれるなど活躍の場を広げるラッパー、Awichが映画からインスパイアされ書き下ろした新曲『Parasite in Love』に決定した。


楽曲名は映画『恋する寄生虫』の英語版タイトルからとられ、「こんな世界消えればいいすぐにでも」「この悍ましき虫食いだらけの世界で僕は虫けら扱いで、でも君がいれば薬みたいに全ては和らいで」といった歌詞が孤独を抱え世界の終わりを願う高坂と佐薙の心を思わせるエモーショナルな楽曲に仕上がっている。


今回解禁となった本ビジュアルは、背中合わせにモザイク状に並べられ交わらない2人の視線が、“虫”によって始まったいびつな恋を表しているデザインとなっている。本物の恋なのか、操られた恋なのか――狂おしいほどの恋心を抱きながら、その感情の正体に戸惑う高坂と佐薙の表情が切なさを増す。予告編は90秒版と60秒版の2種同時解禁となる。


W主演の林遣都と小松菜奈の美しさを際立たせる映像美はもちろん、潔癖症の高坂が執拗に手を洗っても洗ってもその手に菌が広がっていく描写や、視線恐怖症の佐薙を取り囲むように壁一面びっしりと目玉で覆いつくされている描写など、2人が苦しむ孤独な世界をビジュアル化するためにVFXを多用したインパクトのある映像が確認でき、数々のミュージックビデオやCMを手掛けてきた柿本監督ならではの映像表現がこれまでにない真新しい恋愛映画を生み出した。そして、「僕は一生ひとりだ。どうして自分は生まれたんだろう」「あたしもうすぐ死ぬんだ」「君は僕に命をくれたんだ」「あたしは忘れない、君のこと」など耳に残る印象的なセリフも、本作が普通のラブストーリーではないことを暗示するひとつの個性となっている。


【STORY】

極度の潔癖症で人と関わることができずに生きてきた青年・高坂賢吾。ある日、見知らぬ男から視線恐怖症で不登校の高校生・佐薙ひじりと友だちになって面倒をみてほしい、という奇妙な依頼を受ける。露悪的な態度をとる佐薙に辟易していた高坂だったが、それが自分の弱さを隠すためだと気付き共感を抱くようになる。世界の終わりを願っていたはずの孤独な2人はやがて惹かれ合い、恋に落ちていくが――。


■映画『恋する寄生虫』

11月12日(金)より全国公開
出演:林 遣都、小松菜奈、井浦 新、石橋 凌
監督:柿本ケンサク
脚本:山室有紀子
原案:三秋 縋『恋する寄生虫』(メディアワークス文庫/KADOKAWA刊)
主題歌:Awich『Parasite in Love』(ユニバーサル ミュージック)
配給:KADOKAWA


©2021「恋する寄生虫」製作委員会

関連リンク

  • 10/7 4:00
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます