たまには違う事もいいかも!あなたの疲れを癒す【息抜きのコツ】4選

仕事や家事、勉強などで疲れた際は、適度な息抜きでエネルギーを補充したいところ。
今回は、体と心のガス抜きにピッタリな「息抜きのコツ」をご紹介していきます。

巷の女性たちが「これ効果あったかも!」と感じる息抜きには、一体どんな特徴があるのでしょうか?

(1)短時間・高密度を意識



作業の合間の息抜きは「短時間・高密度」が鉄則です。
だらだらと息抜きをしてしまうと、得られるものがないわりに時間ばかりが過ぎてしまい、結局後悔することも多々あります。

とくにスマホいじりやネットサーフィンなどは、ついつい長時間続けてしまいがち。
上手に休憩したいなら、時間を決めてリラックスできるアクションをとりましょう。

(2)適度に体を動かす



デスクワークや勉強を続けていると体が凝り固まり、腰痛や眼精疲労などの原因となってしまいます。
適度な運動は血流をよくし、体の凝りをほぐしてくれますよ。

またストレス発散やリフレッシュにも効果的で、メリットが盛りだくさんです。
あまりに激しい運動はかえってヘトヘトになってしまうため、ストレッチや軽いウォーキングなどからトライしてみて。

(3)場所を変える



作業している場所と同じスペースで休憩しては、息抜きの効果も半減してしまうもの。
休憩場所に移動する、または外出することで、視覚情報が切り替わりリラックスしやすくなりますよ。

いつもと違う場所で過ごすことで、気分も晴れて脳が冴えるはず。
息抜き中に素敵なアイデアがひらめくことも!

(4)昼寝の前にはコーヒーを飲む



息抜きの定番といえば「昼寝」と答える人も多いはず。
しかし長時間の昼寝は、その後の調子を悪化させてしまうことも。

昼寝をする際は10分程度、長くても30分以内におさめると効率よく休めます。
また昼寝の5分前にコーヒーを飲んでおくと、カフェインの効果ですっきりと目覚められますよ。


集中して作業へ取り組むには、上手な息抜きが必要不可欠です。
頑張る世の女性が意識している「息抜きのコツ」、あなたも実践してみませんか?

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/6 19:35
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます