鬼越・金ちゃん、子役時代に嵐・相葉雅紀と共演!現場でキャッチボールも

拡大画像を見る

 お笑いコンビ・鬼越トマホークの金ちゃんが6日、日本テレビ系「1周回って知らない話&今夜くらべてみました 合体3時間SP」に出演し、嵐・相葉雅紀とのキャッチボールの思い出を告白した。

 「1周回って知らない子役の新常識」のコーナーで「実は元子役!!意外度ランキング」の第5位として登場した金ちゃん。VTR出演し、父親が演歌歌手をしていて、知り合いの事務所に姉とともに入ったと子役デビューの経緯を明かした。

 子役としての活動は1992年から5年間。テレビ初出演はKinKi Kids主演の同局系ドラマ「ぼくらの勇気 未満都市」だった。「ぼくらの-」には相葉も出演しており、収録現場で一緒にキャッチボールをしたと回想。後に相葉にキャッチボールについて話したことがあったが「全然覚えてなかったですね」と苦笑いで明かし、笑いを誘った。

関連リンク

  • 10/6 21:44
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます